サイト内検索:

ソニー、3Gに対応した電子書籍端末 ~書籍の購入だけなら2年間3G接続無料。ネットを見ても月額580円

ソニーは、電子書籍端末「Reader」の新モデルとして、Wi-Fi対応の「PRS-T1」を10月20日より、3G+Wi-Fi対応の「PRS-G1」を11月25日より発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は前者が20,000円前後、後者が26,000円前後。

ソニー、3Gに対応した電子書籍端末 ~書籍の購入だけなら2年間3G接続無料。ネットを見ても月額580円

前のReaderよりちょこちょこよくなっているようでくやしい。きー!

新製品は6型のみで、既存の6型であるTouch Editionと比べ、縦方向は5mm長いが、横方向は9mm、厚さは0.7mm縮まり、重量は約30~50g軽くなった。光学式タッチセンサーについては、ピンチイン/ピンチアウトによる拡大縮小操作が可能になったほか、語句の長押しからのGoogle/Wikipediaでの検索機能、従来英語だけだった辞書が大辞林を追加、より手短かな操作で手書きメモが残せるなどインターフェイスを改善した。

ピンチイン/ピンチアウト対応とか大辞林対応とかいいなあ、実にいいなあ。

それより素晴らしいのが3Gを搭載したというところです。

3Gモデルは、購入時に回線を契約する必要はなく、購入後にPCを使って回線をアクティベートすることで開通する。回線契約には2つの種類があり、書籍の購入に限った「Reader Storeプラン」では、ストアの閲覧/検索、書籍の立ち読み、書籍の購入が可能で、通信料金は1年目が無料、2年目は1冊以上購入すると無料、3年目以降は1年間1,050円の定額となる。

2年目の「本1冊買えば無料」というのがいいですね。他の3G搭載デバイスもこういうモデルでやって欲しいです。

もう1つの「Webアクセスプラン」では、上記に加えWebブラウザ経由で各種Webサイトへのアクセスが可能になっており、通信料金は月額580円となっている。回線キャリアはKDDI。なお、Webアクセスプランで閲覧するサイトに特に制限はないが、電子ペーパーの特性上、動画の再生には不向きで、Flashにも対応しない。

CPU的に貧弱なんだろうなあ、ってのを考えると帯域制限が結構あるだろうからこの値段はまあ妥当といえば妥当ですね。Flashが使えない、ということでビデオも見れないとなると基本的に大したデータ量にはならないだろうし。

ということで地味にいろいろよくなっているのですが、デバイス&サービス的にはやっぱり今日発表されたAmazonの方が全然素晴らしく、雲泥の差があるんで日本もなんとかがんばって欲しいなあ、と思うものの、やっぱり無理なんだろうなという失望感で一杯になります。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2011年9月29日 15:11に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「9月29日のラッキーさん」です。

次のブログ記事は「東芝、Ultrabook準拠の1.12kg/13.3型モバイル「dynabook R631」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。