サイト内検索:

米国モバイル端末利用、「Android」ではアプリケーションが中心

この記事の1つ前の記事で「ニールセンの8月の調査によるとAndroidのシェアはiOSの2倍」というのを書いたのですが、その最後の方で、

GoogleによるとGoogleのモバイル検索の2/3はiOSからのものだそうです。シェア通りだとすると少なくてもAndroidの方が多くないと変なんですが、それともAndroid使っている人ってモバイル検索しないのかな。いやいや、そんなことないだろう。

ということを書いたのですが、それに関連したニュースがありました。

米国モバイル端末利用、「Android」ではアプリケーションが中心--ニールセン調査 - CNET Japan

この記事ではAndroid機がどのような使われ方をされているか、についてニールセンが調べたということについて書いています。

それによると、

新規購入されたデバイスの58%がスマートフォン

ふむふむ

新規購入されたデバイスのうち、スマートフォンを新規購入した人の56%がAndroidを選択

これは私も前の記事で取り上げました。

Androidは、米国のスマートフォン市場でおよそ50%のシェアを獲得

まあ、ここまではいいんですが、びっくりするのがこれ。

Androidユーザーは、通話をしないどころかインターネットも利用しない(インターネットの利用時間は合計利用時間のわずか9%)。利用時間の大半(55%)をアプリケーションに費やしている
モバイルプラットフォーム向けアプリケーションでは、ユーザーの関心の43%が上位10位のアプリケーションに集中し、上位50位のアプリケーションがユーザーの関心のほとんどすべてを集めている ただし、上位50位のアプリケーションは毎月入れ替わる。たとえば、2011年6月から7月までの間には、上位50位のうち11本が入れ替わった

へー、なんというか携帯型ゲーム機のような使い方をしているんですね。

「通話をしないどころかインターネットも利用しない」っていわれるとGoogleが言っている「Googleのモバイル検索の2/3はiOSから」ともつじつまが合いますね。

ふーん、そんなもんなんだ。つうか、なぜAndroidユーザはインターネットしないんだ!

PS.そういえばちょっと前にAppleのスティーブ・ジョブズがGoogle牽制の意味も込めてキーノートの時に「これからのネットはブラウザではなくアプリ」と言ってたんですが、そんなiPhoneのユーザはインターネットをよく使い、インターネットをもっと使って欲しいAndroidはアプリばっかり、というのはとても皮肉な状況です。

あ、スティーブ関連の新書が出ますね。

スティーブ・ジョブズ I スティーブ・ジョブズ I

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2011年9月27日 16:15に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ニールセンの8月の調査によるとAndroidのシェアはiOSの2倍」です。

次のブログ記事は「Google Docsが縦セル結合に対応」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。