サイト内検索:

PlayStation Vita専用メモリーカードの価格発表

ソニー・コンピュータエンタテインメントは、12月17日に発売する携帯ゲーム機「PlayStation Vita」の専用品として、同時に発売する「メモリーカード」の価格などを明らかにした。

PlayStation Vita専用メモリーカードの価格発表

専用メモリーカードにはセーブデータやダウンロードゲーム、追加コンテンツのほか、動画、音楽、静止画などのコンテンツ保存に使う専用品。

ああ、そうか、メモリカードはVita専用のへんなやつだから別途買わなきゃいけなのか、きっと高いんだろうなあ、って思ったらやっぱり高かった・・・。

容量によって4Gバイト、8Gバイト、16Gバイト、32Gバイトの4モデルをラインアップする。価格は、4Gバイトが2200円、8Gバイトが3200円、16Gバイトが5500円、32Gバイトが9500円。

どうせ買うなら16GB、って思ったら5500円かあ。

でもメモリカードは必須、というわけではなく、

ゲームのセーブデータの場合、ソフトが収められているPlayStation Vitaカードにセーブするタイプと専用メモリーカードにセーブするタイプがあり、ゲームによって異なる。専用メモリーカードは本体に付属していないため、専用メモリーカードが必要なゲームを遊ぶ場合は購入する必要がある。

ということでメモリカードを必要としないゲームをプレイするのであればOKなんですけど、でもほとんど必須だよなあ。

つうことで、Vita買う時は本体とゲーム価格以外にメモリカードの分も予算にいれておかなきゃ、というお話でした。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2011年9月16日 17:05に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「NTT、花の写真をきれいに加工して共有できるAndroidアプリ「花カメラ」」です。

次のブログ記事は「ネットが暴いた記者クラブメディア暴言事件の顛末」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。