サイト内検索:

空気入れ不要、走ると空気が充填される自転車のタイヤ

「自転車のタイヤを空気入れで膨らませなくていい」という夢のような技術「PumpTire」が開発されました。走っている間に自動的にタイヤに空気を充填できるようになっています。

空気入れ不要、走ると空気が充填される自転車のタイヤ

PumpTireは一見普通のタイヤのようですが、大きなバルブが付いていて、外周を細いチューブが囲んでいます。自転車を走らせている間に、バルブから空気を取り込んで、チューブを通してタイヤ内に送り込む仕組みです。あらかじめ設定した空気圧に達すると、バルブがそれを感知して空気の送り込みを止めるようになっています。普通のリムで使えるそうです。

なんだかよくわかりませんが、空気入れ作業をしなくてよくなるのはいいですね。

昔は家の近くには必ず自転車屋さんがあって10円払って空気入れを借りてたものですが、最近では自転車屋さんもすっかり減ってしまいましたよねえ。

で、これ、まだ製品があるわけではなく、

開発元は現在、PumpTireを商品化するための資金を調達中。資金調達サイトKickstarterで、10月5日までに25万ドルを目指して資金提供者を募集しています。

Kickstarterで資金調達中だと!w

資金提供したらどんないいことがあるんだろう、と思いつつアクセスしてみると、予定販売価格が$129.90 〜$149.90のものが安く買える権利を得られるようです。

詳しくは以下のビデオで。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2011年9月 2日 17:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「電磁誘導でApple Wireless KeyboardとMagic Trackpadを置くだけで充電用できる無接点充電器」です。

次のブログ記事は「ファミリーポートレートレンズ「M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8」発売日決定」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。