サイト内検索:

ネットが暴いた記者クラブメディア暴言事件の顛末

Twitter等でもたくさん引用されているのですが、こういう記事はできるだけ多くの場所で目につくようになったほうがいいと思うので当ブログでも引用しておきます。

ネットが暴いた記者クラブメディア暴言事件の顛末-【田中龍作】 - BLOGOS編集部 - BLOGOS(ブロゴス)

鉢呂大臣の辞任会見でやくざ言葉で質問していた記者に「そんなヤクザ言葉はやめなさいよ。敬意を持って質問して下さい。記者なんだから」とたしなめた田中龍作記者ですが、その行動に対して、

会見後、あるフリーランスから私にクレームが寄せられた。「A記者に対する田中さんの叱責が記者クラブのプライドを傷つけたようだ。近くクラブ総会が開かれ田中さんのことが議題になる可能性がある。総会の結果、『フリーは出禁』ということになったら困るんだ」。

と言われたそうです。

この状況、よくわかりますよね。ここで何か行動しなきゃ、と思う場面があったとしてもその行動により仲間に迷惑がかかってしまうと思った瞬間に何もできなくなることってよくありますよね。

で、普通だったら田中龍作記者が出禁となり、やくざ言葉で質問していた記者も何の批判もなく終了、となるはずでした。

ところが、この会見がネットでも公開されていたことから、これまでの「ありがちな結果」とは違う結果になります。

ところが会見の一部始終がインターネットでライブ中継されていた。会見を見ていた視聴者の反響は驚くほど大きかった。「暴言記者」への抗議はネット上だけで収まらず、彼が所属する会社にまで電話をかける視聴者も少なくなかった。
読者が抗議の電話をかけたことは、社にとってプレッシャーだったようだ。A記者は鉢呂前大臣の事務所に謝罪に行かざるを得なくなったのである。

そしてリンク先記事ではこの事件の原因を「強きを助け弱きをくじく大マスコミ」という角度から解説します。

是非リンク先記事を読んでみてください。

ネットが暴いた記者クラブメディア暴言事件の顛末-【田中龍作】 - BLOGOS編集部 - BLOGOS(ブロゴス)

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2011年9月16日 18:25に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「PlayStation Vita専用メモリーカードの価格発表」です。

次のブログ記事は「OS X Lionの「これ知ってる?」 的なTIPS」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。