サイト内検索:

日本電気硝子の「見えないガラス」、視感反射率は0.1%以下

日本電気硝子は、「見えないガラス」と名付けたガラス基板を開発し、パシフィコ横浜で開催中の「FPD International 2011」に出展した。

日本電気硝子の見えないガラス、視感反射率は0.1%以下

見えないガラスは、ガラス基板の表面と裏面にそれぞれ反射防止膜を形成することで、光の反射を抑制している。一般的なガラス基板では、光が入射したときに約92%が透過、残りの約8%が反射されるのに対し、開発品は約99.5%が透過する。つまり、反射光はわずか約0.5%にすぎない。視感反射率は0.1%以下という。反射防止膜は両面合わせて30層以上で構成され、かつ各層はnmオーダーの膜厚制御がなされているとする。

ということで「見えないガラス」なんですが、リンク先記事には従来の「見えるガラス」と並んで展示されている写真が掲載されています。なるほど、確かに反射が全然ないんでその存在がわからないですね。

それはそれとして、この「見えないガラス」ってどんな用途に使われるんでしょうかね。強度とかわかんないから全然想像つかないや。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2011年10月31日 20:39に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「TPPで日本の著作権は米国化するのか~例えば保護期間延長、非親告罪化、法定損害賠償など」です。

次のブログ記事は「DOMを木構造じゃなく3次元モデルとして再現するFirefoxプラグイン「Tilt」がバージョンアップしてさらに強力に!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。