サイト内検索:

VMwareのクラウドを活用する新プロジェクト「AppBlast」と「Octopus」

During my session, Session EUC1881, "VMware End-User Computing 2013 and Beyond" at VMworld 2011 in Las Vegas, I will be discussing VMware's vision for the post-PC era and will preview and demonstrate two new end-user computing technologies we are excited about - code named Projects AppBlast and Octopus.

VMware: VMware End-User Computing: VMworld 2011: TECH PREVIEW - Introducing Projects AppBlast and Octopus - Delivering Universal Cloud Access

ということでポストPC時代に向けたVMwareのビジョン、とも言える2つのプロジェクト「AppBlast」と「Octopus」がラスベガスで開催されたイベント「VMworld 2011」の「VMware End-User Computing 2013 and Beyond」というセッションで公開されたようです。

「AppBlast」というのは

Project AppBlast will provide the universal delivery of any application, including Windows-based applications, to any off-the-shelf browser or device supporting HTML 5, enabling instant remote access to non-HTML based applications.

ということでWindowsアプリなどをブラウザやHTML5をサポートしているデバイスで利用可能にするもののようです。

Amazon Silkブラウザみたいに画面イメージをクラウド側でレンダリングしてその結果をブラウザに渡してあげる、みたいなものなのかな。

「Octopus」というやつは、

Project Octopus will leverage data sync technology from VMware Zimbra and Mozy to enable enterprise-grade collaboration and information/data sharing.

ということで、データ同期技術を基礎として情報やデータ共有のためのなんかを実現するみたいです。

まあ、「AppBlast」だけだとアプリケーション部分だけでデータ部分がケアされませんからね。

「AppBlast」は今でも利用できる単なるリモートアクセスサービスじゃなくHTML5を活用するようなので、なんか楽しみです。

appblastのデモの様子がYouTubeなんかに上がっていないかなあ、と思ったらしっかりありましたよ!

なんかすごいんですけど(汗

他にもAppBlast関連のビデオやOctopus関連のビデオがありましたので是非チェックしてみてください。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2011年10月 4日 19:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Adobeがタブレット向けに6つのアプリを発表。それをまとめて「Adobe® Touch Apps」と呼ぶそうな。」です。

次のブログ記事は「「BEAMS」と「eneloop」がコラボ ツートンカラーのおしゃれデザイン」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。