サイト内検索:

2011年の脆弱なスマートフォン・ランキング - トップ12全てがAndroid

米Bit9が11月21日(現地時間)にスマートフォンに関するセキュリティレポート「The Most Vulnerable Smartphones of 2011(2011年の最も脆弱なスマートフォン)」を公開した。その中で同社は攻撃の被害を受けやすいスマートフォンのTOP12「The Dirty Dozen」をリストしており、今年はその全てがAndroid搭載機種になった。

2011年の脆弱なスマートフォン・ランキング - トップ12全てがAndroidス

なんというか、Windowsで売れているアプリケーションの上位10位はアンチウイルス系のセキュリティ関連アプリや貧弱なOSの機能を補完するユーティリティ、みたいな感じですね。

で、その機種です。

  1. Samsung GALAXY Mini
  2. HTC Desire
  3. Sony Ericsson Xperia X10
  4. Sanyo Zio
  5. HTC Wildfire
  6. Samsung Epic 4G
  7. LG Optimus S
  8. Samsung GALAXY S
  9. Motorola DROID X
  10. LG Optimus One
  11. Motorola DROID 2
  12. HTC Evo 4G

日本製のAndroid端末も調査対象に入っていたらどうなっていたんだろうか・・・。

で、なんでこんなことになっているかというと、

脆弱性ランキングがAndroid端末ばかりになったのは、Bit9がAndroid 2.3.3以前をセキュリティ上の問題のある古いバージョンと見なしており、該当するAndroid端末のOSアップグレードが速やかに提供されていないためだ。新版のAndroidがリリースされてから、端末向けにアップデートが提供されるまでの平均時間は約7カ月と長い。

ということでそもそも搭載しているOSのバージョンが古いとそれだけで対象となってしまうようですね。

「ソフトウエア・アップデートの提供が、各ハードウエアベンダーと通信キャリアに任されているのが問題を引き起こしている。(PCにたとえれば) インターネットプロバイダーを含めてDellからPCを購入し、そのWindowsソフトウエア・アップデートを、MicrosoftではなくDellに頼っているようなものだ」と指摘。Androidのオープンさはプラットフォームの波及を促すが、一方でOSのセキュリティ・アップデートをGoogleが徹底できないというデメリットを含むとしている。

キャリア間で差別化を図らせるために自由度を高めた結果がこういう形になっているんですね。

ちなみにあまり関係ないのですが、私は現在ドコモのF-12CというAndroid端末を使っているのですが、こいつか実にひどくって、1日に最低1回は勝手に再起動したり、さあ電話しよう!って時に限ってフリーズして操作不能状態になったり目の前でいきなり再起動したりとほんと最悪です。

電波入らないけど超安定しているiPhoneと電波入るけど超不安定なF-12C、どっちを選ぶ?って聞かれたら、うーん難しいな。ま、iPhoneかな。

ちなみにドコモショップに相談しても「インストールしているアプリが悪い」と言われるので埒が明きません。

ぷんぷん!

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2011年11月22日 20:38に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「GoogleカレンダーAPIバージョン3登場 - 今までのAPIは非推奨」です。

次のブログ記事は「11月23日のラッキ−さん」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。