サイト内検索:

米アドビ、モバイル向けFlash Playerの開発打ち切りへ

米アドビシステムズは、同社の公式ブログにおいて、モバイル向けFlash Playerの開発を継続しない考えを明らかにした。

米アドビ、モバイル向けFlash Playerの開発打ち切りへ

なんでやめちゃうかというと、

主なモバイル端末でHTML5がサポートされ、複数のプラットフォームにまたがるコンテンツ開発にはHTML5が最適なソリューションであると指摘。同社では今後、Adobe AIRを活用してFlashの技術を用いたアプリをモバイル機器向けに展開できるようにするとしながらも、Flashコンテンツを動作させるFlash Playerについては、モバイル機器のブラウザ向けの開発は継続しないことを明らかにした。

まあ、現実的なところでFlash Playerのソースコードがぐちゃぐちゃでモバイル端末に最適化できなかった、ってところなんでしょうかね。

それにしてもiOSでは結局Flashが動かなかったわけですが、Androidでは動いている事実がある中で、そして社内・社外からのFlashサポートの圧力に屈することなく頑なにFlashの搭載を拒否し続けたスティーブ・ジョブズというのはやはりすごいなあ、と改めて思うのでした。スティーブじゃなきゃ多分屈するよねえ。で、その結果がこれですから。

それはそうと、Adobeはスマートフォンしかモバイル端末を見ていないような気がするんですが、日本のガラケーと呼ばれる携帯電話はどうなるんでしょうか。開発打ち切りとなったものを今後も搭載して新機種をリリースするのでしょうか。

仮にFlash Playerが搭載されなくなるとHTML5で同様のゲーム等を作らなければならなくなるわけですが、ガラケーのブラウザなんてそんなリッチなことできないわけで、ゲームコンテンツを提供していた人達は今後どうするんでしょうか。ガラケー捨ててみんなスマートフォンにまっしぐら!なのかしら。

今回のこのAdobeの決定ってのは実はいろいろなところに影響があるんでしょうね。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2011年11月10日 18:26に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「立って相手を威嚇することを覚えた猫」です。

次のブログ記事は「2011年度のグッドデザイン大賞は、東日本大震災時の「通行実績情報マップ」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。