サイト内検索:

iPad向け「Google Search」アプリの新版でGoogleはChromePadの夢を見るのか

米Googleは現地時間2011年11月21日、米Appleのタブレット端末「iPad」向けの検索アプリケーション「Google Search app for iPad」を刷新し、公開したと発表した。

iPad向けGoogle検索アプリの新版公開、「Google Instant」に対応

iPad向け「Google Search」アプリがバージョンアップしたわけですが、これが結構すごくってさすがに世界最高レベルのエンジニアが揃っている会社はやっぱり違うなあ、と愕然とするわけです。

いちおう表向きには、

検索キーワードの入力を始めると順次キーワード候補が提示され、それに応じて検索結果が提供される「Google Instant」を導入した。検索結果と並べてWebページを表示し、検索結果をスクロールしながら希望のWebページを探せるほか、「Instant Previews」機能でWebページをサムネール表示して見比べることも可能。
画像検索の検索結果ではカルーセル表示を採用した。任意の画像をタップして拡大表示し、スワイプで別の画像を次々に閲覧できる。

といった機能やら、Google+の「+1」ボタンなどが付けられるようになっております。

それらの機能についてはこのデモビデオを見るとわかるでしょう。iPadユーザなら「must have」なアプリですね。

でだ!

この記事のポイントはそこではありません。ここに注目です。

そのほか、Googleの各種サービスのアイコンを「Apps」メニューにまとめ、手軽に「Gmail」や「Calendar」「Google+」にアクセスできるようにした。

これまで「Apps」メニューは画面にオーバーレイする形で一覧表示されていたのですが、今回のバージョンからこんな感じになっています。

こういう表示になっちゃうと、それはまるでChrome OSじゃないですか!

今はGoogleのAppばかりがリストされていますけど、Chromeに追加したWebアプリがこの画面に同期してMobile Safari内で利用できるようになればそれはもうChromePadと呼んでしまってもいいようなものになってしまいます。

Chroms OS + ChromeBookがあまりうまくいっていない現状を鑑みると、ハードウェアプラットフォームはiPadでその上のアプリで同じようなことが実現できるならそれでもいいじゃん、って考えてもおかしくはない話ですよね。ブートが速くてセキュアな環境はすでに実現されているし。

なんてなことを新版「Google Search」を見て感じました。

Google 検索 App

カテゴリ: 辞書/辞典/その他

価格: 無料


blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2011年11月22日 18:52に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「無印良品「ジョイントタップ・コンセント4個口/USBポート2個口付」」です。

次のブログ記事は「GoogleカレンダーAPIバージョン3登場 - 今までのAPIは非推奨」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。