サイト内検索:

徳島県が開発し利用中のソフトを「自治体OSSキット」としてパッケージ化

徳島県は2011年11月18日、独自開発し県庁で利用中のソフトを「自治体OSSキット」としてパッケージ化したと発表した。自治体OSSキットはホームページ作成/グループウエア・ソフトの「Joruri」、オンラインストレージ・ソフトの「DECO」、内部統制管理ツールの「Ai」などで構成され、いずれもRuby on Railsで開発されている

徳島県が開発し利用中のソフトを「自治体OSSキット」としてパッケージ化

これはなかなか良い試みなのではないでしょうか。

徳島県は、県の方針としてオープンソース・ソフトウエア(OSS)による情報システム開発を推進している。OSSの活用によるコスト削減と同時に、県内のIT産業の活性化を目的としている。すなわち、県のシステムをOSSを活用して県内のIT企業が開発。開発したシステムはOSSとして公開し、県内IT企業がシステムの改良や保守を受注するというスキームだ。実際に、Joruriを開発した徳島県の企業アイ・ディ・エスは、阿波市や徳島大学などのホームページのリニューアルを受注している。

そのまま使いたい自治体はそのまま使ってもよいし、カスタマイズが必要だったら徳島にある企業が請け負いますよ、ということですね。

でも、実際にカスタマイズとなると現地で担当の人とあれこれ打ち合わせしなきゃいけないだろうからその辺りがたいへんでしょうかね。話が決まっちゃえばリモートからあれこれできるんだろうけど。

Joruriは、ホームページ作成ソフト「Joruri CMS」、グループウエア・ソフト「Joruri Gw」(写真1)、ウェブメール「Joruri Mail」で構成され、OSSとして公開されている。徳島県庁は、以前にはホームページ作成およびグループウエアとしてLotus Notesを利用していたが、現在ではJoruriに移行している。Joruriは、山形県寒河江市、群馬県館林市、青森県平川市、北海道北見市、島根県邑南町、長崎県西海市、愛知県瀬戸市、大阪府交野市といった自治体のほか、NPOや企業でも採用されている

そんなわけで自治体のITコストを下げたいな、と考えている担当の方は検討してみてはいかがでしょうか?

つうか自治体でなくても中小企業でも一部うまく使えそうですよね。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2011年11月18日 17:53に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「赤外線通信アダプタ接続でiPhoneを学習リモコンにできるアプリ「RemoCon」登場」です。

次のブログ記事は「ハヤシライスの「ハヤシ」とは」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。