サイト内検索:

経産省、インフォグラフィックスの投稿サイト「ツタグラ」開設

日本の国内外を取り巻くさまざまな問題をインフォグラフィックス化して分かりやすく伝えるため、多彩なテーマについて広く作品の投稿を募っていくサイト「ツタグラ [伝わるINFOGRAPHICS]」を経済産業省が10月31日、公開した。

これからのこと、インフォグラフィックスで考えよう 経産省、投稿サイト「ツタグラ」開設

インフォグラフィックスというのは、

インフォグラフィックスは「インフォメーション」と「グラフィックス」を組み合わせた造語で、数字だけでは分かりにくい統計情報などをグラフやイラストなどを使って図示することで理解しやすくする方法。急成長するネットサービスの規模感を伝えるために使われることもある。

最近米国で流行のイラストで数字をわかりやすく表現しているやつですね。

で、この「ツタグラ」というサイトは、

同サイトでは、まず環境問題や働き方などの専門家が定期的にテーマ(お題)を提示し、関連した数値の紹介や、専門家が「セミナー」でテーマの内容について解説する動画などを掲載する。このお題をもとにクリエイターなどからインフォグラフィックスを募り、サイトに投稿してもらう。サイトでは応募されたインフォグラフィックスを閲覧でき、ソーシャルメディアアカウントでログインしてコメントを書き込むことができる。

わかりにくい数字を誰でも理解できるものにするインフォグラフィックスは今後日本でも流行ってくるでしょうから、こういうサイトに投稿して名前を売る、というのはアリなんじゃないかと思います。単にイラストが描けるというだけでなく数字の理解力も必要となればできる人は限られてくるだろうし。

で、その他すごいな、と思ったのがこれ。

インフォグラフィックスはクリエイティブ・コモンズライセンスで投稿可能。サイトにはDISQUSを導入し、閲覧するユーザーはFacebookやTwitter、Google+、DISQUS、OpenIDアカウントを使ってコメントを書き込める。国のサイトがソーシャルメディアアカウントと連携してコメントを書き込める機能を実装するのは初という。

ひえ〜!DISQUSを使うんですか。これは英断ですね。

ということで、これまでにはなかったアプローチかと思いますので、うまくいくといいな、と思っております。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2011年11月 1日 16:28に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「伝記「スティーブ・ジョブズ」のiPhone/iPadアプリ登場」です。

次のブログ記事は「iPhoneで撮った写真をみんなで楽しむ―サンコー、「iPhoneミニプロジェクター」を10月31日に発売」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。