サイト内検索:

ハヤシライスの「ハヤシ」とは

今日、外を歩いていたら某レストランのランチメニューに「早矢仕ライス」と書いてあって、最初「なんじゃそりゃ?」と思ったものの冷静に読んでみると「は・や・し」であることから「ああ、ハヤシライスか・・・」と納得したのですが、考えてみればハヤシライスの「はやし」ってなんなんでしょうか?

そんな時のWikipediaですよ。

ハヤシライス - Wikipedia

これによると、その名前の由来は諸説いろいろあるみたいです。

ハッシュド(Hashed)・「はやす」説
ハッシュドビーフ・ウィズ・ライス(Hashed beef with Rice。ただし本来ケチャップは使われない)が「ハッシ・ライス」あるいは「ハイシ・ライス」となり、それが訛って「ハヤシライス」となったとする説。

ハッシュドがハヤシになったという説のようです。

そして次が例の「早矢仕有的説」。

丸善創業者の早矢仕有的(はやし ゆうてき)が作る牛肉と野菜のごった煮に由来。医師だった早矢仕が作った滋養の強い入院食説、丸善で働く丁稚に対する夜食説、明治初期に早矢仕が友人に振る舞った料理という説がある(丸善広報担当:談)。

早矢仕さんという方が作ったから、という説ですね。

早矢仕さんといえば林さんもいるわけで、次はその「林某説」です。

洋食屋の店長の林がビーフシチュー(ハッシュドビーフ)とご飯を混ぜた賄い料理が起源。客による口渡りから全国区になった(林子平の姉の子孫が考案したと言う説もある)。

次の説はなんかちょっと強引かなあ、って感じの「早死説」です。

ハヤシライスは、四足の肉ということで牛肉が受け入れられていなかった時代、このような料理を食べていたら罰が当たる、「早死にする」ということから世間でハヤシライスと呼ばれはじめたとの説。

なんかライバルのカレーライスがハヤシライスを陥れるためにつけたような名前ですね。さすがにそんな名前が付けられたら生き残れなかったと思いますが。

そして最後の説、「早い説」です。

明治の日清戦争後に開けた大陸航路の港、門司港の栄町商店街にある大衆レストランが、船に乗る急ぎの客用にケチャップベースの「早いライス」、すなわちハヤシライスとして呼ばれたからという説。

いや、それだったら「ハヤイライス」だろ、と思いつつ、こうやって書いていたらもうどうでもいいや、って気分になってきたのでこの辺で。

詳しくはWikipedia見てね!

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2011年11月18日 19:08に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「徳島県が開発し利用中のソフトを「自治体OSSキット」としてパッケージ化」です。

次のブログ記事は「11月19日のラッキ−さん」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。