サイト内検索:

YouTubeにあるいろんな角度から撮影されているライブ映像を1つにまとめてマルチアングルビデオとして楽しめるサイト「Switchcam」

Watch entire concerts and DJ sets, powered by fan footage and presented from multiple angles

Switchcam

観ればすぐに理解できるんだけど、言葉だとうまく説明できないサイト「Switchcam」です。

よくわからないのですが、YouTubeにはライブの模様を撮影したビデオというのがアップロードされているようです。

で、それらのビデオは撮影している人の席の場所によりいろいろな角度があるわけです。ある日度はステージ右側から撮影しているし、ある人は会場全体が見渡せるとても離れたところから。

そういったビデオを集めてきて1つの曲に対して観たいアングルのビデオを切り替えつつ視聴することを可能にする、というサイトが「Switchcam」です。

私は「Paul McCartney - Comerica Park 2011 」というポール・マッカートニーのやつをみたのですが、メイン再生画面の他に2つのアングルから撮影したビデオがその下にサムネイル的に表示されており、それをクリックすることで(だいたい)シームレスにアングルが切り替わります。

いくつか問題はあって、それは撮影している機器によって画質や音質が違うのでアングルを切り替えた時に違和感があるってことなんですが、まあ逆を言えばよく撮れているやつだけ観る、ということもできるんで、それはそれでいいのかな、と。

驚きなのが、それぞれのビデオの尺は違うのにちゃんと音楽部分が同期しているという点です。

これはソフトウェア的にビデオの中の音楽の部分の頭を揃えてからそれぞれ再生するタイミングを図っているようで、それはなかなかすごいもんだと思います。

で、そんな感じのビデオがコンサートの始まりから終わりまで連続で再生されるわけで、なんというか実に素晴らしい!

ちなみに先に挙げたポールのライブのやつは往年のビートルズのヒット曲なども聴け個人的にとても満足しております。ポールももういい加減老人なのになあ。すごいなあ。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2011年11月30日 18:17に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「Google Maps for Android」で建物内マップ提供、東京の主要駅・百貨店も」です。

次のブログ記事は「Android端末用Bluetoothゲームコントローラー 「Zeemote™ JS1 H」が面白い」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。