サイト内検索:

サンワ、補正ソフトも付属した約6000円のUSBフィルムスキャナ

サンワサプライは12月12日、USB 2.0対応フィルムスキャナ「400-SCN006」を発表、同社直販「サンワサプライ」での販売を開始した。同社直販価格は5980円(税込み)。

サンワ、補正ソフトも付属した約6000円のUSBフィルムスキャナ

とても高かった印象のあったフィルムスキャナーが6000円ぐらいで入手できる時代になったんですね。

400-SCN006は、USB 2.0接続をサポートした外付け型のフィルムスキャナで、本体サイズ105(幅)×95(奥行き)×150(高さ)ミリの直方体型筐体を採用した。ネガフィルム/ポジフィルムに対応しており、最大3600dpiでのスキャンを行える。
フィルムホルダーはネガ用が6コマ、ポジ用が3コマのセットに対応した。またスキャン/画像補正ソフトとして、ArcSoft製「Media Impression」が付属している。

これを機会に昔アナログカメラで撮影したフィルムをひっぱり出してきてスキャンしてみるといろいろ楽しい時間が過ごせるかもしれません。

で、もう1つフィルムスキャナーのニュースがありました。

昔のフィルムや紙焼き写真を手軽にフィルムスキャン――サンコー「USBフィルムスキャナー PS9890」

「USBフィルムスキャナー PS9890」は、USB接続方式のスキャナーで、35mm版のフィルムと2L (5×7)版までの紙焼き写真や名刺などを最大解像度1400dpiでスキャンできる。

こちらは1万4800円とサンワのものより倍以上高いのですが、紙焼き写真もスキャンできます。写真はあるけどネガ/ポジはなくしちゃった、なんて人はこちらの方を選ぶしかないですね。ただ読み込み解像度が1400dpiなんですよねえ。

悩ましいものです。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2011年12月12日 17:19に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「HP、「webOS」をオープンソース化!」です。

次のブログ記事は「「モダフルナイト2011」の申し込みは本日深夜で締め切りです。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。