サイト内検索:

バッファローコクヨサプライのBluetoothキーボード付きiPad2ケースを試す。

さて、これまで「iPhone/iPadアプリ大賞2011」のスポンサー獲得の為に書いてきた「地味だけどいい感じのバッファロー製品」シリーズですが、今回で最後です。

おかげさまでバッファローさんがスポンサーについていただくことになりました。これで登壇者の方に素晴らしい賞品をあげることができるようになりました。読んでくださった方、ありがとうございます。多分会場にいらっしゃった方にも何かしらあげることができるかもしれませんので、是非12月22日の「iPhone/iPadアプリ大賞2011」にお越し下さいね!

そして最後になる今回はiPadのユーザであれば一度は検討するであろうキーボード付きのケースです。

photo

キーボードはBluetoothに対応しているのでケーブルで接続することなくきれいにつながります。

iPad2をケースにはめればこんな感じで角度を2段階に調整して立てて使うこともできますし、寝かせてフラットな状態にさせることもできます。

photo

ちょっと暗いですが、背面のスタンドで角度を調整します。

photo

ケースにはめると音量ボタンなどは上にくることになります。

photo

キーボードのタッチは固くなくいい感じです。慣れればタッチタイプもできることでしょう。

こうしたキーボードを使うことのメリットとして専用のファンクションキーが使える、ってのがあるんですが、このキーボードでは以下のキーが用意されています。

でも個人的にはこうしたファンクションキーよりもなにより矢印キーが使えるのが嬉しいですね。iPadでブログ記事書いているとカーソルを移動させるのがとても難しいのでw

あ、あとはCtrl+AとかCtrl+Eが使える、というのも嬉しいです。

そんなわけで期待した通りのパフォーマンスを発揮してくれるのですが、個人的には1つだけ問題があります。

ケースにはめ込むとiPadの電源ボタンがケース内に隠れてしまうのです。

もちろんiPadの電源のOn/Offはキーボードからワンタッチで行えるのですが、このキーボードの電源を入れていないと、ホームボタンを押して起動させることはできるものの電源ボタンを押して強制的にスリープ状態にさせることができなくなっちゃうんです。まあ、数分まって自動でスリープに入るのを待つのもいいのですが、なんか電池もったいない気がしちゃってねえ・・・。

iPadはケースに非常にぴったりはまるので、電源ボタンにアクセスするために外したりするのも結構手間だったりします。まあ、常にキーボード使う、ってんだったら問題はないんですけどね。

で、このケースにはめた状態だとディスプレイが表面に露出されるので持ち運びの時などにちょっと困っちゃうのですが、その対策(?)としてAppleの純正のスマートカバーと併用することができるようになっています。これで安心です。

3時間の充電で最大100時間まで連続してキーボードを使うことができるようなので、iPadを入力デバイスとしてよく利用する、なんて人はこのケースを使ってみるとよいのではないでしょうか。

iPad2専用 Bluetooth®2.0対応 キーボード ケース一体型 BSKBB10BK

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2011年12月 9日 20:28に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「任天堂、「宮本茂氏が今のポジションを引く」との報道を否定」です。

次のブログ記事は「12月10日のラッキ−さん」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。