サイト内検索:

無料の無線LAN「connectFree」、ユーザーからTwitter IDや閲覧URLなど無断取得

飲食店などで無料の無線LAN接続サービスを提供するコネクトフリー(東京都品川区)が、接続ユーザーのFacebook/Twitterアカウントや閲覧URLなどを無断で取得していたことが分かり、問題点を指摘された同社が謝罪した。データ取得などは中止したという。

無料の無線LAN「connectFree」、ユーザーからTwitter IDや閲覧URLなど無断取得

問題になったのは、同社が展開している無線LAN接続サービス「conncectFree」。飲食店などが無線LANアクセスポイントを設置し、客に無料でネット接続サービスを提供するかわりに、客のPCのWebブラウザ上に飲食店の情報などを知らせる広告バナーを表示できるようになっている。都内の「赤坂サカス」など40カ所に設置されているという。

まあ、広告表示まではいいですよね。

同社によると、接続ユーザーから取得していたのは(1)MACアドレス、(2)FacebookとTwitterのID、(3)端末のユーザーエージェント情報、(3)アクセス既刊、(4)閲覧しているURL。また、Webを閲覧する際にGoogle Analyticsのコードを埋め込んでいたほか、一部店舗では、閲覧サイトのAmazonアフィリエイトリンクを自社のAmazonアフィリエイトリンクに書き換える乗っ取り行為も行っていた。これらは接続ユーザーの承諾を得ずに行っていた。

なんでこういうのを取得していたかというと、この無料回線を使って犯罪が行われた場合に備えて、できるだけ利用者を特定しかった、という理由のようです。Google Analyticsのコード差し込みは利用者数の把握のため、だそうです。

まあ、これは一理あると思うんですよね。さすがにAmazonアフィリエイトリンクに書き換え、というかデータを勝手に改ざんするってのはまずいかと思うのだけど。

で、この点を指摘されたのでさっそく、

問題の発覚後、Google Analyticsの利用やFacebok/TwitterIDの取得、Amazonアフィリエイトのテスト運用は12月5日に中止したとしている。またMACアドレスなどのログは削除したという。近日中にプライバシーポリシーを明らかにするほか、承諾画面の追加も「現在検討中」という。

というのだけれど、そうすると最初の懸念であった「犯罪に利用された場合にどうするか」はどうするんでしょうかね。MACアドレスの記録だけじゃ端末は認識できるけど利用者までは特定できないし。

まあ、普通にホットスポットがやっているようにブラウザ画面からメールアドレス入れてそこから利用申請するとメールでパスワードが送られてくる、みたいな方式にするのが無難なんでしょうか。

それにしても今回のこれは高木先生がご指摘されたからこれだけ広がり、提供側も態度を改めましたけど、これが普通の人からの提起だったらここまで話も拡がらず、提供側もなにも変更しなかったんだろうな、と思いました。


Wi-Fi接続150Mbpsバッテリー内蔵 モバイルルータ (DoCoMo/au/SoftBank/WILLCOM/イー・モバイル/iPhone 4対応) CQW-MRB Wi-Fi接続150Mbpsバッテリー内蔵 モバイルルータ (DoCoMo/au/SoftBank/WILLCOM/イー・モバイル/iPhone 4対応) CQW-MRB

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2011年12月 7日 16:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「欲しいものを熱意をもってつぶやくとそれがもらえるかもしれない「Amazonサンタにお願いキャンペーン」」です。

次のブログ記事は「フェンリルがSleipnir Mobile 大感謝祭。Amazonギフト券などプレゼント。#39pnir_iPodtouch欲しい」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。