サイト内検索:

録画補償金訴訟、東芝が知財高裁でもSARVHに勝訴

アナログチューナー非搭載のDVDレコーダー(デジタル専用録画機)における私的録画補償金をめぐって、私的録画補償金管理協会(SARVH)が販売元の東芝を相手取って起こした訴訟の控訴審判決が22日、知的財産高等裁判所であった。2010年12月に東京地方裁判所で言い渡された一審判決と同じく、SARVHの請求が棄却され、東芝が勝訴した。

録画補償金訴訟、東芝が知財高裁でもSARVHに勝訴

今回争点となっているデジタル専用録画機ついては、補償金の対象とするかどうかで意見が対立。SARVH側は課金の必要性を訴えていたが、東芝側は「ダビング10」などの著作権保護技術によりコピーがコントロールされていることから、補償金制度の対象外であると主張していた。

いいぞ!

そりゃコピーコントロール入れてさらに補償金も、なんて都合良すぎますよ。

とはいえ、SARVH側の人の話を聞いていると現場は実に悲惨でたいへんな状況になっているようで、そういうの聞くと別に課金してもいいのになあ、と一瞬思うものの、それとこれとは話は別、ですからね。

ちなみにここで言っている補償金制度というのは、

補償金制度は、デジタル録音・録画による複製によって権利者が被る経済的不利益を補償するために、機器や媒体などに一定の割合で補償金を課し、著作権者に還元する制度。メーカーが対象機器・媒体の価格に補償金を上乗せして販売し、消費者から徴収する仕組み。

でもまあ、いろいろ考えてみると補償金として徴収したものがしっかりちゃんとそれを使用した著作権者に渡っているのかっていうとそんなこともないだろうから、デジタルネットワークの仕組みを使ってそのあたりちゃんと還元されるようにインフラを整備するといいな、と思いました。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2011年12月26日 17:57に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「12月26日のラッキーさん」です。

次のブログ記事は「Google Appsをカリフォルニア大学バークレー校が採用 Office 365との比較表を公開」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。