サイト内検索:

Webページを一定期間後に自動で再表示する「Google Chrome」拡張「Page Snooze」

「Page Snooze」は、閲覧中のWebページを一定期間後に再表示できる「Google Chrome」用の拡張機能。

Webページを一定期間後に自動で再表示する「Google Chrome」拡張「Page Snooze」

一度閉じたWebページをある時間経過後に再度自動で開く、って具体的にどういう時に必要とされるのか、ってのがいまいち理解できないんですが、そういう場合はこんな感じでブログを書いていると書き終わるぐらいに理解できるので試しに書いてみます。さて、書き終わる頃に考えは変わっているかな。

インストールするとWebページ上の右クリックメニューに[Page Snooze]項目が追加され、再表示する期間を1/2/3/4/5/6日後または1/2週間後のほか5秒後から指定できる。
Webページを"あとで読む"ためのソフトやサービスはいくつかあるが、どれもしっくりこなかったという人は本拡張機能を試してみてはいかがだろうか。

これ、「あとで読む」的な使い方よりもむしろリマインダー的な使い方の方がいいかもしれないですね。

例えばうちのハードディスクレコーダーは1週間先の番組までしか録画予約できないので、2週間後ぐらいに始まるやつはToDoMail使って1週間後に録画予約するようにリマインドしてもらっているんですが、その代わりに使えるかもしれないです。

同様にコンビニでけいおんとかエヴァのキャンペーンがあるときも同じようなことやっているんで、うん、リマインダー用途で使えるな。

そんなわけでめでたく使い方が見つかりました。

ブログ書くって自分にとってこういうメリットがあるんでやめらんないですよ。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2011年12月19日 17:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「Let it snow」だけじゃない Googleで「Hanukkah」と検索すると?」です。

次のブログ記事は「Trent Reznor and Atticus Ross feat. Karen OによるZEPの「移民の歌」(Immigrant Song)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。