サイト内検索:

HTMLファイルから基本となるCSSファイルを生成してくれるサイト「Bear CSS」

このサイト、便利か便利じゃないかってのは多分使う人によって意見が分かれるところかと思うのですが、とりあえずそういう判断は読んだ人/利用した人に任せる、ってことでとりあえずご紹介。個人的には使わないかなあ。

あ、会員登録とかそういう面倒なことなくすぐに利用できます。

Bear CSS is a handy little tool for web designers. It generates a CSS template containing all the HTML elements, classes & IDs defined in your markup.

Bear CSS - Helping you build a solid stylesheet foundation based on your markup

HTMLファイルをアップロードするとそこで使用されているHTML要素やクラス、IDを抽出してCSSファイルのひな形を作成してくれます。

CSSのひな形ファイルはアップロード&解析が済むとすぐにブラウザ内に表示されるので、後はそれをコピーして各要素にデザイン要素を適用していく、という流れになります。

クラス等の定義のし忘れがなくなる、ってのがメリットなのかなあ。でも定義し忘れててもブラウザで表示されたページを見れば作った人には一目瞭然どこが定義忘れかわかるしなあ。

そんなわけで、もしかしたら気に入る人がいるかもしれない、というでご紹介しました。

PHP Simple HTML DOM ParserとかUploadifyというのを使って作られているそうです。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2012年1月31日 18:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「次のバスは今、どこ?」が分かるAndroidアプリ「バスいまどこ?」」です。

次のブログ記事は「とってもキュートでカスタマイズ可能な電気バイク「Boxx」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。