サイト内検索:

iPadとドッキング―キングジムからPCレススキャナ「iスキャミル」

キングジムは、iPadを接続して文書を電子化できるドッキングスキャナ「iスキャミル」(DSS10)を2月17日に発売する。価格は1万5540円。iPad用アプリ「i-Scan」(iOS4.3.5以降に対応)はApp Storeで無料配信する。

iPadとドッキング――キングジムがPCレススキャナ「iスキャミル」

iスキャミルは、スキャナ本体とiPadをDockコネクタで接続してiPadに直接データを取り込めるiPad/iPad2用のシードフィードスキャナ。使い方は、スキャナの電源を入れてiPadを接続し、スキャナ本体に書類や写真をセットして「i-Scan」アプリを起動したiPadからスキャンを実行するだけ。

こんな感じ。

最大解像度は300dpi。保存データ形式はJPGで、iPadのカメラロールに保存する。キングジムでは「アナログの紙情報を電子化してiPadで一元管理するニーズに着目した」としている。

うーん、いいのか良くないのかよくわかんないですね。でもまあ企画の意図はわからなくもないですが。

良いなと思う点は扱いが簡単なところとJPG保存でカメラロールに保存されるとiCloud使ってMacやiPhoneなどにも自動で同期される点でしょうか。あと紙焼きの写真なんかの読み込みなんかにいいですね。

個人的にはPDF保存とEvernote保存ぐらいは欲しかったところですが、これは今後のアプリのバージョンアップ期待ってところでしょうか。

あと実際問題iPadのCPUのスキャン画像処理速度ってどんなもんなんでしょうかね。大部分をスキャナー側で処理しちゃうからiPadのCPU処理能力は気にしなくていいのかな。

なんにしても1台あるとなにかと便利かもしれないですね。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2012年1月17日 15:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「リアルタイムで花粉飛散量などの情報を提供する「ドコモ花粉ライブ」開始」です。

次のブログ記事は「MicrosoftとSamsung、テーブル型タッチコンピュータを出荷開始へ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。