サイト内検索:

NTT東、家庭内電力消費量の可視化サービス「フレッツ・ミルエネ」提供開始

うちはフレッツなので。

東日本電信電話株式会社(NTT東日本)は25日、FTTHサービス「フレッツ光」の加入者向けに、家庭内消費電力量などを可視化するサービス「フレッツ・ミルエネ」の提供を開始した。月額料金は210円。このほか、計測機器のレンタル料または購入代金がかかる。初期登録費用は2100円だが、5月31日までに新規に申し込み、11月30日までに利用開始した場合は無料。

NTT東、家庭内電力消費量の可視化サービス「フレッツ・ミルエネ」提供開始

家庭内消費電力量などを可視化、って具体的にどうするの?

フレッツ・ミルエネでは、加入者世帯の分電盤や個々の電源コンセントに計測機器を取り付けることで、世帯全体または家電個別の消費電力量を推計・計測し、PCやスマートフォン、情報端末「光iフレーム」などのブラウザーで確認できるようにする。計測は分・時間・日・月単位などで設定可能。また、設置した使用電力量目標の進ちょく度合いを表示するとともに、地域・家族などで電力消費状況の順位を表示するランキング機能もある。このほか、エコに役立つアドバイスも提供する。

ふむふむ。

ああ、でもこれってこんな感じだと結構な数の計測器を導入しないといけないですよね。それはどうなるのかな?と思ったら、

対応機器は、無線親機が月額レンタル料105円、分電盤計測器が月額レンタル料105円。これらは1セット1万12600円で購入することも可能。電源タップ型の計測器はレンタル提供はなく、販売価格が1個4200円。なお、電源タップは、フレッツ・ミルエネ1契約につき9個まで接続可能だ。

ぐわっ!こうなると手が出しにくいな。とりあえず分電盤だけやっておくかな。

とりあえず個々の計測器はプレスリリースを読むとこんな感じです。


blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2012年1月25日 16:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「1÷998001が驚くべき結果に!」です。

次のブログ記事は「「ジョブズは何も発明せずにすべてを生み出した」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。