サイト内検索:

アプリの制御信号抑制を ドコモ、開発700社に要請

連日の通信障害で矢面に立たされてるドコモですが、その通信障害対策についての記者会見を開いたようです。

アプリの制御信号抑制を ドコモ、開発700社に要請

で、その席で、

スマートフォン(高機能携帯電話=スマホ)のアプリ(応用ソフト)開発者に対し、「(アプリを使用する際に発生する)制御信号をなるべく使わないようにお願いした」と明らかにした。15日に約700社に対して要請したという。

制御信号?

なんだそれは?

まあ、なんにしてもその制御信号が原因で障害が発生したと。

同社は1月に東京都心部で携帯電話がつながりにくくなった通信障害について「制御信号」が想定を超えていたためと説明していた。辻村副社長は「今後、我々がどう制御信号を扱っていくかを検討しつつ、アプリの提供者と交渉していきたい」と述べた。

で、普通のAndroid向けにアプリを作っている人にはやっぱりどうしてもこの「制御信号」というのがわからず、いろいろ調べてみたらこんなサイトを見つけました。

制御信号とトラフィック - ドコモの障害に見るスマートフォンの影響

さて、こういうものが制御信号です、としたうえでドコモの発表に立ち戻ると、「VoIPやチャットが」と言うのは明らかにおかしいことがわかりますね。VoIPやチャットのアプリが使うのはあくまでIP上のデータ、つまりビットが右から左に流れるだけのユーザトラフィックだにゃん。アプリそのものが原因であるということは絶対にありえないにゃ。

ということで、文末に「にゃ」と書かれていますが、リンク先記事はとてもよく書かれていてその「制御信号」なるものがなんであるかがわかるようになっています。こりゃ一般のAndroid開発者は知らない世界だよな。

で、リンク先記事はその他にもいろいろ面白い情報が書かれていて、

古い携帯電話では、パケット接続の起動・切断は比較的明示的に行われるもので、大体、「接続してから切断するまでに発生するユーザトラフィック」というのがモデル化されていたにゃん。これを「コールモデル」と言うのですが、ネットワークの装置を設計するときは必ずコールモデルを立て、呼処理に回すリソースとトラフィック処理に回すリソースをうまくバランスさせたりするわけだにゃん。

にゃん!

ところが、スマートフォンは、こういった固定的なコールモデルが全く通用しないにゃ。突然のヒットアプリの出現でコールモデルがリアルタイムでゴロリと変わる。古い携帯電話では、キャリア自身が機能追加しない限り変わらなかったトラフィックの発生の仕方が、スマートフォンではキャリアのあずかり知らぬところでひっくり返される可能性が出てきたんですね。これが、ドコモの見誤りの最大の原因。ひいては、ドコモがいろんな装置を独自開発していたことがかえって仇なした例とも言えるでしょう。グローバルベンダは海外の多数の例に基づき、いろんな状況に対応できる柔軟なシステムを作りますが(その分マージンが大きく無駄ともいえるんですが)、ドコモの独自開発では、おそらくドコモ自身のコールモデルに基づき可能な限り効率的なものを目指そうとしていたのでしょう。それが、いつの間にか変わっていたスマートフォンのコールモデルに対応できなくなっていた、と考えられるにゃん。

古い携帯電話向けに効率を重視した最適化を行っていたがために発生した障害、というのを読むと従事していたエンジニアさん達は今は口惜しくてしょうがないんだろうなあ、と感じます。なんというか「優秀がゆえに」発生した障害、みたいな。

でもまあ、最後は厳しく以下のテキストを引用したいと思います。

特定のアプリが悪いのではなく、そもそもスマートフォンに対しては、ネットワークの作り方に関する考え方を変えなければならない、ということなんですね。コールモデルは常に変動するものという前提で作らないと、今回のような手痛い障害を起こしうる、と。ドコモは、今まさにスマートフォン移行でこの苦しみを味わっているところだにゃん。


↓¥ 6,900ですって!

Android アンドロイド タブレット OS:2.3 ファームウェア 2.3 CPU:VIA 公式アンドロイドマーケット可 フロントカメラ搭載 有線LAN変換付 Android アンドロイド タブレット OS:2.3 ファームウェア 2.3 CPU:VIA 公式アンドロイドマーケット可 フロントカメラ搭載 有線LAN変換付

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2012年2月22日 20:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Webデザイナーさんにベストな12個のワイヤーフレーム&モックアップ作成サイト&ツール」です。

次のブログ記事は「MacのSparrowみたいなWebブラウザベースのGmailクライアント「Fluent」がいい感じ。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。