サイト内検索:

「Hulu」が邦画を拡充、映画配給会社6社と提携

Hulu Japanは2月1日、日本国内の映画配給会社6社とコンテンツ提携し、同日より配信を開始したことを明らかにした。

「Hulu」が邦画を拡充、映画配給会社6社と提携

Hulu Japanがコンテンツ提携・パートナー契約をした日本国内の映画配給会社は、アスミック・エース エンタテインメント、角川書店、松竹、東映、日活、AMGエンタテインメントの6社。これにより、Huluが日本映画の供給を受けるパートナー企業は合計8社となった。

Huluは地味だけど着実にパートナーを増やしていってますね。

6社から提供を受ける第1弾の契約作品は「さくらん」「ハンサム★スーツ」「セーラー服と機関銃」「リング」「GOEMON」「東京物語」「バトル・ロワイアル」「少年メリケンサック」「嵐を呼ぶ男」「銀座の恋の物語」「ゲゲゲの女房」「亡国のイージス」などで、映像配信サービス「Hulu」において随時追加される予定。

一度観たことある映画もあるかもしれませんが、Huluは月額1480円で見放題ということなのでもう一回見直ししてみてもいいかもしれません。結構内容を忘れているもんですから。

つうか、こうじわじわとコンテンツを増やされると契約している人はやめるにやめられないでしょうね。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2012年2月 2日 14:50に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2月2日のラッキーさん」です。

次のブログ記事は「各種SNSのファイルを集約・同期する「SocialFolders」が"Evernote"に対応」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。