サイト内検索:

"軽くて速い"KDDI研の暗号アルゴリズム「KCipher-2」、ISO国際標準規格に

KDDIとKDDI研究所は2月13日、"軽くて速い"という特徴を備えたKDDI研究所のストリーム暗号アルゴリズム「KCipher-2」(ケーサイファーツー)が、ISO国際標準規格に採用されたと発表した。

"軽くて速い"KDDI研の暗号アルゴリズム、ISO国際標準規格に――「KCipher-2」

KCipher-2は、処理能力が限られた小型モバイル機器上でも、本体のCPUに負担をかけることなく大容量データの暗号化や復元を行えるよう設計された共通鍵暗号方式のアルゴリズム。KDDI研と九州大学が共同で設計し、KDDI研が商用化した。

で、どんなもん?と思ったら、

CPUへの負荷については、携帯電話上でワンセグ相当の動画の復号をCPU使用率0.5%以下で達成した実績があり、リアルタイムでの処理にも対応する。速度面では同じ共通鍵暗号方式のAESと比較して、最大10倍の速さで暗号化と復元を行えるという。

そりゃすごいな。

で、実際の現場で使い物になるの?と思ったら、

暗号アルゴリズムの安全性は判断が難しく、第三者機関の評価が重要になる。今回、ISO国際標準規格に採用されたことで、KCipher-2は"外部機関のお墨付き"を得た格好だ。KDDIとKDDI研究所では、電子政府推奨暗号やインターネット標準暗号への採用を目指すという。

ということで普及に期待がもてます。

セキュリティが求められる現場が今どうなっているのか、ということの認識が私は甘いのですが、とりあえず日本で実績作ってその後世界に出てって外貨を稼いできてくれると嬉しいなあ、と思いました。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2012年2月14日 15:49に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「子供のスマホから位置情報などを取得するAndroidアプリ「Kids Log」β版」です。

次のブログ記事は「ももいろクローバーZのデフォルメフィギュア「chibi-arts」、限定予約受付開始」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。