サイト内検索:

Mac OS X 10.8のGatekeeperのダイアログ

Gatekeeper is a new default feature in OS X Mountain Lion that requires apps be signed with an Apple developer certificate before they can be installed or opened (it can be disabled in System Preferences).

Gatekeeper's Dialog by Dustin Curtis

Here is the dialog users see when they attempt to mount a disk image that is not signed with an Apple certificate:

ということでMac OS X 10.8に搭載されるmalware防止機能「Gatekeeper」が実際どう動くのか、ということでGatekeeperがmalwareっぽいのを発見したときに表示するダイアログが紹介されていました。

こんな感じです。

"Adium" has not been signed by a recognized distributor and may damage your computer. You should move it to the Trash.
"Adium" is on the disk image "Adium_1.4.4.dmg". Safari downloaded this disk image today at 11:06 AM from adium.im."

このメッセージ、日本語だとどうなるのかわかりませんが、多分「Adiumは認められた配布者ではなくあなたのコンピュータに障害を与えるかもしれませんのでそれをゴミ箱に移動させるべきです」って感じになるのでしょうか。

で、リンク先記事ではこのメッセージはAppleっぽくないよね、と書いて次のようなメッセージを提案しています。

The app Adium hasn't been checked by Apple. It can't be trusted. Use the App Store to find trusted apps.

「AdiumアプリはAppleでチェックされていないので信用に値しないかもしれません。App Storeを使って信頼できるアプリを検索してください」

なるほど、こっちの方が刺激が強くなくていいかもですね。

さて、リリース版ではどうなるかな。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2012年2月17日 18:43に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Apple、次期Mac OS X "Mountain Lion"デベロッパープレビューをリリース」です。

次のブログ記事は「jQuery用スライド効果プラグイン「Sequence.js」が素敵。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。