サイト内検索:

MacOS X用ZFSファイルシステムサポートソフトウェア「ZEVO」(有料)

Z E V O is the game changer in data storage on the Mac. Developed with a solid foundation of data integrity, Z E V O contains all the goodness of ZFS, the 21st-century file system used worldwide to safely and reliably store even the most mission-critical data.

Our Products « Ten's Complement LLC | ZEVO | Storage

MacOS XでZFS使いたいなあ、って人向けの有料ソフトウェア「ZEVO」です。

用途別に3つのエディションが用意されています。最も安いやつは単一の外部ディスク用のやつで$19.95、日本円で1572円となっています。まあ、これぐらいの値段だったら買ってもいいですね。

つうか、大容量外部ディスクとこれ使ってユーザデータは全部外部ディスクに入れたくなってきた。

ちなみにMacOS XにおけるZFSについてのWikipediaの記述を引用すると、

10.5 Leopard より搭載されているが、初期リリースの10.5.0では読み込みのみの対応にとどまる。10.6 Snow Leopard では、サーバ版で標準対応することが発表されていたものの 10.6.1 リリースでも実現せず、結局アップルは ZFS プロジェクトを停止した[2]。Btrfsを開発中のOracleによるSun買収に伴いZFSの将来が不透明になったためと報じられている(ただし、Btrfs は 2011年夏になっても Fedora 16 でデフォルトファイルシステムに採用予定とされている程度[3]であり、ZFS がすでに5年以上の実績があり、他プラットホームへの移植も進んでおり、後述のようにLinux上でのライセンス問題を克服するための動きもあるのとはかなりの差が開いている)。ただしアップルの援助が止まっただけであり、プロジェクト自体は google code にホスティングを移して、細々とではあるが続いている

という状況のようです。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2012年2月 1日 17:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「TwitterのBootstrapバージョン2がリリース!」です。

次のブログ記事は「ブックマークしておきたいファイル形式ごとのJavaScriptデコーダー」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。