サイト内検索:

各種SNSのファイルを集約・同期する「SocialFolders」が"Evernote"に対応

米SocialFoldersは1月31日(現地時間)、さまざまなSNSへ分散保存したファイルを、ローカルフォルダへ集約・同期できるソフト「SocialFolders」の最新版v2.1.0を公開した。

各種SNSのファイルを集約・同期する「SocialFolders」が"Evernote"に対応

本バージョンの目玉は、"Evernote"に対応したこと。"Evernote"で作成した"ノート"に添付されているファイルをローカルへ自動でダウンロードできる。

「SocialFolders」というソフトウェアが存在する、ってことを私はこのニュースを見るまで知りませんでした。

SocialFolders

「SocialFolders」は、Windows XP/Vista/7などに対応しており、無償プランでは3つまでのサービスへ接続し、最大2,000個のファイルまでを管理することが可能。この制限を解除するには、月額1.99米ドルまたは年額9.99米ドルのプレミアムプランを利用する必要がある。

サイトを見るとMacOS Xにも対応しているようです。

で、「SocialFolders」のサイトを見てもどのソーシャルサービスと一緒に使えるか、みたいな情報が掲載されていないのでちょっと苦労したのですが、それについてはFAQのページに書かれていました。

それによると、

Facebook, Flickr, Photobucket, Google Docs, Box, YouTube, Twitter, SmugMug, Instagram, and Picasa

これにEvernoteが加わったんですね。

にしても、このSocialFoldersが便利なものなのかどうなのか、ってのが私はいまいちピンときていなかったりします。

ケータイから写真付きであげたTweetとかFacebookの写真を自動でローカルPCに持ってくる、ってのしか思い浮かばないんだけど、そんな写真はどうでもいい写真ばっかりだからなあ。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2012年2月 2日 15:15に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「Hulu」が邦画を拡充、映画配給会社6社と提携」です。

次のブログ記事は「TwitterのBootstrapで使えるオリジナルボタン生成サイト」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。