サイト内検索:

Foxconnグループがシャープ筆頭株主に

シャープがFoxconnブランドで知られる台湾の鴻海グループと業務・資本提携し、鴻海グループはシャープの事実上の筆頭株主に。シャープは全てを1社で手がける自前主義を脱却、鴻海と組んでコスト競争力の高い製品を世界展開できる体制を構築する。

Foxconnグループがシャープ筆頭株主に 「1社ではグローバル競争に限界」──提携の狙い

まあ、こういう流れがこれから多くなるんでしょうね。

とりあえずこの報道を受けシャープの株は本日ストップ高、となっております。市場からは好意的にこの提携が受け入れられたのでしょう。

というか、どうせどっか外国の企業と提携しなきゃならないんだったら親日である台湾企業との提携はどんどん進めていった方がいいと思います。台湾の人達とは仕事すごくしやすいし。

で、提携のメリット・デメリットはいろいろあるかもしれませんが、それは他の人に任せておいて、私は記事中のこの部分にぴぴっときました。

次期社長の奥田常務は、シャープについて「開発力はあるが、円高や法人税率など"六重苦"とも呼ばれる経営環境にあって対応力とスピードが足りず、強みを発揮できなかった」とみる。

そうですよね。開発力はあるけど外部の社会的要因に押しつぶされちゃうケースは多いと思います。まあ、CFOが悪いっていえばそうなんだけど。

日本政府はこのあたりのところ、もう少ししっかりと認識して欲しいですね。

とりあえず法人税をアジア諸国と同じレベルぐらいまで下げて欲しいです。しくしく。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2012年3月28日 19:50に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「3月28日のラッキーさん」です。

次のブログ記事は「NTT Com、日米でIaaSサービスをスタート。その名も「Cloudn」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。