サイト内検索:

iPhoto for iOSはGoogle Mapsを使っていない

そもそもiPhoto for iOSとGoogle Mapsがどう関係しているのかわからない人も多いかと思うのですが、iPhoto for iOSにはJournalsという複数の写真を1つのセットにまとめる機能があって、例えばどこかに旅行した際にその写真を1つのセットにまとめた中に日付けとかメモ、そして地図などを挿入することができるようになっています。

で、ポイントはそこで利用する地図はGoogle MapsじゃなくApple自身のものだ、という点です。

以下の英語の記事でそれが検証されていました。

iPhoto for iOS Not Using Google Maps [Updated] -- 512 Pixels

OK, what I'm hearing now is that Places still uses Google Maps, but the maps in Journals and slideshows are not using Google Maps, and are Apple's own stuff.

Appleは2009年にPlaceBaseというマッピングサービスを提供する会社を買収したのですが、それがようやく使われるようになった、ってことなのかもしれません。脱Googleですね。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2012年3月 8日 21:34に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Twitter Bootstrapにインスパイアされて作られたアイコンフォント「Font Awesome」」です。

次のブログ記事は「3月9日のラッキーさん」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。