サイト内検索:

Macでの右クリックで場合によっては実は2クリック程節約できるって知ってました?

知っている人は知っているんだろうけど、私の周りに知らなかった人がいたのでそんな人のための記事です。

私は基本的にはMacBookの15インチを使っています。

で、今日、何気なくMac使ってたらWindows使いの人から「えっ!ちょっと待った!」と言われたことがあって、それが言われてみればなるほどなあ、と思ったのでこうやって記事にしてみることにしました。

ポイントはマウス(トラックバッド)の右クリックによるコンテキストメニューの表示です。

Windowsで文字列をコピーしてコンテキストメニューを使ってなにかのコマンドを実行したいときは、

1.マウスの左ボタンクリックでテキストの範囲を指定する。もしくは英単語または同種文字列(ひらがなとかカタカナとか漢字)であればダブルクリックする。→テキストが選択される

2,マウスの右ボタンクリックでコンテキストメニューを表示させてコマンドを選択して実行する。

ということでマウスボタンのクリックは2回または3回となります。

これがMacだとどうなるか、というと、範囲を指定してテキストを選択しなければならない時は同じなのですが、英単語または同種文字列の場合は

1.選択したい英単語または同種文字列上でいきなり右クリックする→いきなり単語が選択状態になりコンテキストメニューが表示される

ということで1クリックだけで選択状態にしつつコンテキストメニューを表示させることができるわけです。

英語のサイト読んでてわからない単語があったときなどは、調べたい単語上でいきなり右クリックしてコンテキストメニューを表示させOS Xに標準搭載の「辞書」アプリをメニューから選択すればその場ですぐにその意味を知ることができるようになるわけです。Google検索も同じ要領ですね。この先何度マウスをクリックしてテキストを選択するのか、ってのを考えるとMacやめられなくなりますね。

そんなわけでMac使っている人は右クリックをご活用ください。

ちなみにこの記事のタイトルは最初は「Macでの右クリックで2クリック節約!」というタイトルだったんですが、チキンな私はさすがにあれだなあと思い、「場合によっては」とか「程」とか「って知ってました?」を付け加えたのはここだけの話です。

Apple MacBook Air 1.6GHz Core i5/11.6/2G/64G/802.11n/BT/Thunderbolt MC968J/A Apple MacBook Air 1.6GHz Core i5/11.6/2G/64G/802.11n/BT/Thunderbolt MC968J/A

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2012年3月 2日 20:57に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「綾波が暑さから守ってくれるエヴァ零号機型USBファン」です。

次のブログ記事は「3月3日のラッキ−さん」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。