サイト内検索:

OpenStreetMapが「Welcome, Apple!」

Yesterday Apple launched iPhoto, its photo management app, for the iPad and iPhone... and we're rather pleased to find they're the latest to switch to OpenStreetMap.

Welcome, Apple! | OpenStreetMap Foundation

ということで昨日発表されたiPhoto for iOSアプリの中で使われる地図がGoogle MapsじゃなくてOpenStreetMapのものになったことを受け、OpenStreetMapが「Welcome!」を表明しています。

さて、この地図ですが、OpenStreetMapのデータを元にAppleが独自に作ったもののようです。

The new iPhoto for iOS, however, uses Apple's own map tiles - made from OpenStreetMap data (outside the US).

で、iPhoto持っていない人用にPCのブラウザでその地図がどう見えるかを紹介しています。その地図はOpenStreetMapオリジナルとAppleのもの、そしてGoogle Mapsを切り替えて比較できるようになっています。

http://www.refnum.com/tmp/apple.html

さっそくその地図で日本を見てみたのですが、なんというか「大丈夫か、これ?」ってクオリティになっててとても不安です。

ほんとのところiPhoto for iOSの日本の地図はどうなっているんだろうか・・・。

つうか、こうやって比較してみるとGoogle Mapsはほんとによくできていますねえ。

iPhoto App

カテゴリ: 写真/ビデオ

価格: ¥450

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2012年3月 9日 16:28に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「商用フリー、"メトロ"アイコンを簡単に作成できる「Syncfusion Metro Studio」」です。

次のブログ記事は「3月10日のラッキーさん」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。