サイト内検索:

家電を捨てる際は不用品回収業者に依頼しないで――環境省

大事なことなので、家の人にもリンク先記事は読んでおいてもらってください。

環境省は、エアコン・テレビ・冷蔵庫・洗濯機を廃棄する際は、不用品回収業者に依頼せず、家電リサイクル券を購入して適正にリサイクルすることを、消費者に対し呼びかけている。

家電を捨てる際は不用品回収業者に依頼しないで――環境省

いいですか、エアコン・テレビ・冷蔵庫・洗濯機の廃棄はちゃんと家電リサイクル券を購入して処理してください。

これをトラックでスピーカーで「無料で引き取るよ」と流しながら走っている不用品回収業者に頼むとこんなリスクがあるんです。

1つ目は「適性にリサイクルされているかどうか確認できないため」。
家電製品はフロンや鉛、砒素などの有害物質を含むため、処理の方法が法令で定められている。しかし、不要品回収業者が回収した製品のほとんどは海外へ売却され、輸出前に国内で重機で破砕・圧縮されることで、フロンガスや鉛が放出し、環境汚染を引き起こす恐れがあるという。また、輸出準備中の家電のスクラップが発火したり、それを積んだ船が航行中に炎上する事件も起こっているという。

ね、もう環境汚染はたくさんじゃないですか。これまで働いてくれた家電のお葬式をやってあげる意味も込めて家電リサイクル券を購入して処理しましょう。

あと理由が2つ。

2つ目は、「高額な料金が請求され、トラブルの原因となる」。

ちょっと強面な方だったりすると何も言えませんからね。そこで1万円取られることになるなら素直に家電リサイクル券の購入が安全です。

3点目は、「家電リサイクル法に違反する」。消費者は前出の4品目については、適切なリサイクルに協力することが定められている。

なんですって。

家電リサイクル券は購入した販売店や買い換える販売店、そして郵便局でも購入できるようです。

最新版 図解 産業廃棄物処理がわかる本 最新版 図解 産業廃棄物処理がわかる本


blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2012年3月22日 20:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「アートをオンライン購入できる"デジタル額縁"、「FRAMED*」とは?」です。

次のブログ記事は「今年の「神」降臨! 第7回 オタク川柳大賞の結果発表」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。