サイト内検索:

サンワサプライ、本を置いたままスキャンできる200万画素のスタンドスキャナー

サンワサプライ株式会社は、本や資料を置いたままスキャンできる200万画素のスタンドスキャナー「400-CMS012」を、直販サイト「サンワダイレクト」で発売した。価格は1万7800円。

サンワサプライ、本を置いたままスキャンできる200万画素のスタンドスキャナー

「400-CMS012」は、本や資料などを置いたままの状態で、スタンド型のアームに設置された200万画素のCMOSセンサーで撮影することでデジタル化できるスタンドスキャナー。本を裁断せずにスキャンしたり、立体物の撮影などに利用できる。

値段も手頃でいいな、と思いつつもリンク先の情報だけだとよくわからないので製品ページを見てみました。

http://direct.sanwa.co.jp/ItemPage/400-CMS012

なんかスキャナーというよりカメラって感じですね。

分厚い本を開いてスキャンすると中央にかけて曲がるわけですが、そこもその通り読み込まれ特に補正されることはないみたいです。

ただし、マットの上に物体を置いてそれをスキャンした場合はその物体の大きさに合わせて自動でトリミングされるようです。

とはいえ撮影・編集ソフトはWindows版のみ、という状況なのでMacユーザである私は使うことはできないようです。

こういう据え置き式のカメラというかスキャナは1台あるといろいろ便利だと思うんでちょっと残念です。

サンワダイレクト スタンドスキャナー USB書画カメラ 200万画素 LEDライト付 400-CMS012 サンワダイレクト スタンドスキャナー USB書画カメラ 200万画素 LEDライト付 400-CMS012

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2012年4月 5日 16:33に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「4月5日のラッキーさん」です。

次のブログ記事は「Flickr、Google Picnikに代わる写真編集機能としてAviaryを採用」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。