サイト内検索:

「Appleのセキュリティ対策はMicrosoftより10年遅れ」――KasperskyのCEO

ロシアのセキュリティ企業Kaspersky Labの創業者兼CEO、ユージン・カスペルスキー氏が英誌Computer Business Review(CBR)の独占インタビューに応え、「Appleはセキュリティに関してMicrosoftより10年遅れている」との見方を示した。

「Appleのセキュリティ対策はMicrosoftより10年遅れ」――KasperskyのCEO

ということでセキュリティソフトの開発と販売を行っているKaspersky(カスペルスキー)のCEOのコメントです。これってどういうポジショントーク?

さらに、Appleは今後、ユーザーを守るためにセキュリティアップデートのリリース周期を見直す必要に迫られ、セキュリティ対策への投資増額を強いられると予想している。
エンタープライズ分野では安定性、サポート、後方互換性、そしてセキュリティが重視されると指摘。「果たしてAppleにそれができるのか」と疑問を投げ掛けている。

というわけでOS Xの次期バージョンであるMountain Lionでは「Gatekeeper」と「サンドボックス」の概念が導入されます。

まずはサンドボックス。
これから必須のセキュリティモデル「サンドボックス」

OS Xにおける「サンドボックス」とは、保護された環境下でプログラムを動作させるためのセキュリティモデルのこと。子どもの砂場のように外部と隔離された状況を作り出し、その範囲内でのみプログラムを動作させることで、プログラムの誤動作やマルウェア発生による被害が外部に及ばなくなる。
サンドボックス上で動作するアプリケーションは、ファイルの読み書きやネットワーク機能など、特定の処理に制限を設けることができる。Lionでは、Safari(WebKit2)やPreview.appなど標準装備のアプリケーションの一部が、サンドボックス対応を果たしている。

続いてGatekeeper。

GatekeeperがあなたのMacをさらに確実に守ります。

アプリケーションをダウンロードする場所に関わらず、これまでもあなたはOS Xの高度な機能によりマルウェアから守られてきましたが、Gatekeeperにはさらに柔軟にコントロールできる、さらに幅広いセキュリティのオプションを用意しました。安全性を最優先にする場合は、Mac App Storeのアプリケーションだけをインストールするように設定しましょう。Mac App Storeのアプリケーションと、Developer IDがあるアプリケーションだけのインストールに限定することもできます。またはいままで通り、どのアプリケーションでもインストールできる設定も選べます。

というわけで、Microsoftより10年遅れているといわれたMacのセキュリティ対策はMountain Lionのリリースでどれぐらい縮まるでしょうかね。

カスペルスキー アンチウイルス 2011 for Mac 2年1台版 カスペルスキー アンチウイルス 2011 for Mac 2年1台版

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2012年4月27日 17:34に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「任天堂はスマホやタブレットに負けている」 ユーザー時間の奪い合い、ライバルはApple」です。

次のブログ記事は「牛たんサイダー、はじける人気」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。