サイト内検索:

マイクロソフト、Metroスタイルの普及に向けた開発支援施策"Go Metro"を開始

日本マイクロソフト(株)は25日、Windows PhoneやWindows 8に実装される"Metroスタイル"の普及を目的とし、ソフトウェア開発者向けの支援施策"Go Metro(ゴー メトロ)"を開始した。

マイクロソフト、Metroスタイルの普及に向けた開発支援施策"Go Metro"を開始

 "Go Metro"は、インターネット上へ技術情報ポータルを設置するといった"オンライン"での活動だけでなく、"Metroスタイル"の概要、デザイン、開発に関する学習セミナーを全国7カ所で行うといった"オフライン"の活動も行われるという。

iOSで言えば「iOSアプリの作り方」をAppleがやるかのように、マイクロソフトによるMetroアプリを作る上でのあれこれが公開されています。

オフラインでのセミナーはXAMLとC#の知識がある人向けに開催されるのですが、これがなんと無料。素晴らしい。

"Go Metro"の詳細や今後の予定については、"Facebook"内に用意された公式ページに掲載されるとのこと。

で、このFacebookのページがいい感じで、FacebookのタイムラインUIっていいな、って初めて感じました。つうかタイムラインはほんとよくできてますね。

http://www.facebook.com/5Metro

で、Metroアプリなんですが、MacのLionでも全画面表示アプリというのがサポートされたんですが、私はこれがとても苦手で最初数回全画面にしてアプリを使ってみたのですが、それ以降は全画面にすることはありませんでした。タブレットのような小さな画面なら全画面表示というのはわかるだけど、据え置き型の大きなディスプレイではもったいなさ過ぎる。

そんなわけでMetroにはすごい懐疑的なんですが、どうなんでしょね。なんでウィンドウシステムが登場してきたのか、ってのを考えると退行しているとしか思えないんだけど。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2012年4月25日 17:07に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「4月25日のラッキーさん」です。

次のブログ記事は「iOS 5なiPadの分割Keyboardに隠された6つのキー」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。