サイト内検索:

Microsoft、どこからでもファイルを利用できる"新SkyDrive"を発表

米Microsoftは24日、オンラインストレージサービス「SkyDrive」の新発表を行った。

Microsoft、どこからでもファイルを利用できる"新SkyDrive"を発表

以前はWindowsからじゃないと使えなかったSkyDriveもMacやiPhone/iPadなどからも利用できるようになったようです。

発表内容には、「SkyDrive for Windows Desktop(プレビュー版)」「SkyDrive for OS X Lion(プレビュー版)」「SkyDrive for iOS(バージョン2.0)」「SkyDrive for Windows Phone」という各OS対応アプリのほか、「SkyDrive.com」からのファイル取得機能の追加が含まれている。

んで、とても気になる記述が。

また、SkyDriveの新規ユーザー全員に、7GBのストレージ容量が無料で提供される。なお、既存ユーザーは、オプトインすることで元々提供されていた25GB容量を維持できる。さらにそれ以上の容量を利用したい場合、有料で容量を購入できるオプションが用意された。

そういえばアカウントは持ってたよな、ってことで早速SkyDriveにログインすると、25GBにしますか?というメッセージが表示されてきたので迷わずOKしたところ、

5BB991CF306E7BA17406 - Windows Live

やったよ、25GBゲットだよ!

なんかこれ、期間中にオプトインしたら、って感じだったので既にアカウント持っている人はすぐにオプトインした方がいいかもですね。

で、このSkyDriveですが、SugarSyncみたいに「どのフォルダを同期対象にするか」とフォルダを選ぶことなく、単一のフォルダのみを対象として同期するようです。Dropboxと同じ方式ですね。

で、結論的には、

この新SkyDriveは非常に野心的なストレージサービスだ。ほぼすべてのプラットフォームに対応した上に、ストレージ容量も現在人気のDropboxなどにひけをとらないか、それを上回る容量を無料で提供している。その上、現在最も利用者の多いWindowsとシームレスに統合され、ファイル取得機能を利用すればスマートフォンから自宅あるいは会社のPCにログインしてパーソナルクラウドとして利用できる。Windowsの優位を生かすための高度な戦略と言えそうで、今後、GoogleやApple、また他のオンラインストレージサービスとの競合の行方が注目される。

ということで、これからクラウドストレージを発表しようとしているGoogleはこの発表を見てどう対応してくるか、そしてDropboxもどう対応してくるかがとても楽しみです。

いや−、ほんとにいい時代だなあ。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2012年4月24日 18:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「インテル、「Ivy Bridge」こと第3世代Coreプロセッサを発表」です。

次のブログ記事は「キュゥべえの顔が怪しく光る―『魔法少女まどか☆マギカ』G-SHOCK」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。