サイト内検索:

河合楽器、PDFの楽譜を楽譜として認識し、自動演奏するiPadアプリ

株式会社河合楽器製作所は、iPad上でPDFフォーマットの楽譜を表示するだけでなく、楽譜として認識して自動演奏することが可能なアプリ「PDFミュージシャン」を4月27日にリリースすると発表した。1700円(5月末までキャンペーン価格850円)の有料版と、機能限定の無料版がある。

河合楽器、PDFの楽譜を楽譜として認識し、自動演奏するiPadアプリ

河合は前にリリースしたiPhone用アプリ「楽譜カメラ」がボロクソの評価だったんで最初このニュースを見た時はあまり期待していなかったんですが、どうやらこれが我々の求めていたもののようです。つうか楽譜カメラ買った人には無料でこの「PDFミュージシャン」をプレゼントした方がいいと思うよ。

楽譜カメラ

インターネットなどで流通しているPDFフォーマットの電子楽譜を読み込んだ後、河合楽器の「PDF楽譜認識エンジン」で楽譜として認識し、演奏データへ自動変換。ピアノ、オルガン、各種弦楽器・管楽器など30音色で自動演奏できる。
なお、パート構成、ト音記号、ヘ音記号、ハ音記号、調号、拍子記号、音符、休符、臨時記号、タイ、小節線、繰り返し括弧、反復記号、曲頭の速度記号は認識するが、強弱に関する記号、曲の先頭以外の速度記号、音符を装飾する記号、その他の発想標語などは認識しない。また、リズム譜、ドラム譜、タブ譜には対応していない。

5月末まで半額キャンペーン、とのことなので、とりあえず購入した方々の様子をウォッチした後にどうしようか決めたいと思います。4月27日発売です。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2012年4月25日 21:24に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Mac用のGoogle DriveアプリでFinderするクラッシュする問題が多発しているらしい。」です。

次のブログ記事は「4月26日のラッキーさん」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。