サイト内検索:

訛りまで再現しつつテキストを読み上げてくれるChrome拡張「Select and Speak」がやばい!

「Select and Speak」は、Webページ上の和文や英文などをスムーズに読み上げる「Google Chrome」用の拡張機能。「Google Chrome」に対応するフリーソフトで、編集部にてWindows 7上の「Google Chrome」v19.0.1084.52で動作を確認した。

訛りまで再現しつつテキストを読み上げてくれるChrome拡張「Select and Speak」

やばい、これ、いい!

私はMacなのでMacのChrome 21(もう21になったのか)にインストールしてみましたが問題なく動きました。

インストールしたらまず本拡張機能の設定画面を開き、読み上げ対象の言語に合わせて音声の種類を選択しよう。あとはWebページ上のテキストを範囲選択した上で、本拡張機能のツールボタンをクリックするか、Webページ上の右クリックメニューから本拡張機能を選択すると、選択中のテキストを読み上げてくれる。

音声の種類も実に豊富で、この人何者?ってぐらいすごいんですが、日本語の場合は「Japanese Male」と「Japanese Female」と男性と女性の声があるので好きな方を選ぶとよいかと思います。

とりあえず男性の声で試してみましたが、まるでアナウンサーが話しているような滑舌のよさでテキストを音声にしてくれます。

なんというか、これ使ってポッドキャスト作れるよ、ってぐらい素晴らしいです。しゃべるの苦手な人はテキスト書いてそれをこれで再生したものを録音すればポッドキャストのできあがり、ってわけです。

私も今度ひとりで番組やらなきゃいけないときは、女性の声でしゃべらせてあたかも2人でやっているような感じでやってみようか、なんてことを考えちゃいましたよ。

ちなみに、しゃべるのちょっと遅いかな、と思ってしゃべるスピードを1段階上げてみたんですが、それだとちょっと早いかな、って感じなので結局元に戻してしまいました。このあたりは利用する側の試行錯誤ですね。

あと、なんか裏技というかこんな楽しみ方もある、ということで、

とくに訛りまで再現する点がユニークで、たとえば英語はアメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリアに別れている。また、日本語の音声を選択した状態で英語を読ませると、イントネーションのない片言な英語になるので、わざと遊ぶのもよいだろう。

日本語モードで英語をしゃべらせるとイントネーションがない、というより田舎の人がしゃべっているような感じになるので超うける。

いやー、これは面白いな。いろいろ遊べる。

インストールはChromeで以下のURLにアクセス!

https://chrome.google.com/webstore/detail/gfjopfpjmkcfgjpogepmdjmcnihfpokn

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2012年5月30日 20:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「ポパイ」のリニューアルで考える時代の変化----シティボーイは復活するのか、ホントに」です。

次のブログ記事は「面倒な設定なしで表示したい画面(テレビとかPCモニタ)に写真を表示させることができるiOSアプリ「photobeamer」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。