サイト内検索:

Microsoft、「Windows 8」のユーザーインタフェースで「Aero」を廃止

米Microsoftは現地時間2012年5月19日、次期OS「Windows 8」のユーザーインタフェースに関する方針として、「Aero」を廃止すると発表した。

Microsoft、「Windows 8」のユーザーインタフェースで「Aero」を廃止

「Aero」ってあのウィンドウが半透明で背面が透けて見える、ってやつですよね。

Aeroは「Windows Vista」で初めて採用した視覚効果で、ウインドウのタイトルバーなどを半透明で表示することで、下に重なったウインドウやデスクトップがガラスを通したようにぼんやりと見える

で、なんでやめちゃうかというと、

Aero廃止を決めた理由として「Windows 8のデスクトップを『Metro』スタイルの美意識に近づけることに決めた」と説明する。

まあ、Metroとはまったくデザインのテイストが違いますからね。

同社Windows担当のSteven Sinofsky氏は歴代Windowsのユーザーインタフェースを振り返る中で、「Windows Vistaは今となっては時代遅れで安っぽく見えるが、当時の流行にぴったりだった」と感想を述べている。

Windows 7はVistaのユーザーインタフェースを踏襲しているわけで、現行製品をおとしめるようなこんな発言がよく通るもんですね。

というかマイクロソフトって新版が出る度に前のバージョンについて「実はだめだった。でも今回のは〜」って感じのプレゼンテーションするんでなんだかなあ、って感じです。なんつうか、愛がないんだよなあ。


blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2012年5月21日 17:19に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Microsoft Researchによるソーシャルネットワーク「So.cl」」です。

次のブログ記事は「5月22日のラッキーさん」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。