サイト内検索:

金環日食後もめがねは捨てないで!

太陽が月に隠れてリング状に輝く今月21日朝の金環日食。観察には専用の日食めがねが必須だが、国立天文台は「観察し終わっても日食めがねは捨てないで」と呼びかけている。

めがね捨てないで...金環日食後の天体ショーとは

どうみても「ぼったくりだろw」と思える高いのにちゃちな金環日食観賞用メガネがいたるところで販売されている今日この頃ですが、まあほんとに超短期なバブルですからそれも「お祭り」だと思えばいいのかな、と思いつつもまだメガネ買っていない私です。

で、このメガネですが、金環日食が終わったらお役ご免かと思っていたのですが、その後も使えそうです。というのも、

金星が太陽の前を横切る珍しい天体現象「金星の太陽面通過」が6月6日、日本各地で観察できるからだ。前回の2004年6月から8年ぶりだが、次回は105年後にならないと見られない。

ん?

この現象は、太陽と金星、地球がこの順で一直線に並んだときに起こる。東京では6月6日午前7時10分ごろ、太陽面の左上に「ほくろ」のような金星が見え始め、斜め右下に向かって少しずつ移動。約6時間半後の午後1時47分ごろに太陽面から出る。他の地域でもほぼ同じ時間帯に観察できる。

ん?

要は太陽の一部にほくろのような黒い点が現れてそれが移動していく、っていうもんなんですね。

なんかインパクトはあまりありませんが、こういうの好きな人にはたまらないんでしょうね。

とりあえずこれも朝から観測できるみたいなので覚えていれば是非見たいものです。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2012年5月17日 17:39に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ガリガリ君、スプーンでも 8月まで限定でカップタイプ」です。

次のブログ記事は「ドコモ「ご愛顧10年 Xiスマホ割」開始―月々サポートを最大5040円増額」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。