サイト内検索:

手軽に「組込3G通信」を利用可能にするモジュール、Arduino向けに夏にも市販開始

2012年5月30日から6月1日にかけ、東京ビッグサイトで開催された展示会「ワイヤレスジャパン 2012」のインターネットイニシアティブ(IIJ)ブースにて、業界団体「3Gシールドアライアンス」が「Arduino」(アルドゥイーノ)向け3G通信モジュールを参考出品。

手軽に「組込3G通信」を利用可能にするモジュール、Arduino向けに夏にも市販開始

えっとね、まず「Arduino」(アルドゥイーノ)ってのが世の中にあります。

Arduinoは、ハードウエアの試作や教育分野などで高い人気を誇る、オープンソースの組み込み向けハードウエアである。「シールド」と呼ぶ拡張モジュールによって通信機能を簡単に追加できるようになっている。

このArduinoにいろんなモジュールを追加することで「○○用のデバイス」ってのを試作できるようになっているわけです。

で、そんなArduinoに3G通信機能を備えた「3Gシールド」というのが登場したわけです。

Arduino向けには既にイーサネットやZigBeeに対応したシールドなどが市販されているが、今回これらに3G通信機能を備えた「3Gシールド」が加わることになる。米クアルコム製の3G通信用モジュールを搭載した「IEM」(Internet of Everything Module)版3Gシールドと、3G通信に対応したUSBドングルを接続して利用するUSB版3Gシールドの2種類のモジュールを用意。

で、それがなんで嬉しい、というか面白いかというとですね、こんなことができるようになるわけです。

IIJのブース内で実施していたデモは、温度センサーおよび光センサーから得られたデータをZigBee対応シールド経由でArduinoに集め、集めたデータを3Gシールドを使ってクラウドに送信、クラウドに接続したパソコンでデータをダウンロードしグラフを表示するというもの。

要するに何かの処理結果やデータ収集結果を3G使ってサーバーにアップすることができるようになるわけです。これまで有線イーサネットとか無線LAN使っても結局ルーター経由しないとサーバーにデータアップロードできなかったんですが、これでこういう類のデバイスをどこにでも設置できるようになるわけです。

これは楽しみだ。

Arduinoをはじめようキット Arduinoをはじめようキット

Prototyping Lab ―「作りながら考える」ためのArduino実践レシピ (Make:PROJECTS) Prototyping Lab ―「作りながら考える」ためのArduino実践レシピ (Make:PROJECTS)

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2012年6月 4日 20:48に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Nintendo Directで紹介されたWii Uの新機能」です。

次のブログ記事は「6月5日のラッキーさん」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。