サイト内検索:

Androidタブレット上にWindows 8環境を―Splashtopが開発者向け新ツール

米Splashtopは6月6日(現地時間)、Androidタブレット上でWindows 8の環境を再現する開発者向けアプリケーション「Win8 Metro Testbed - powered by Splashtop,for Android」の提供を始めた。Google Playでの価格は49.99ドル(発売当初のキャンペーン価格は24.99ドル)。

Androidタブレット上にWindows 8環境を――Splashtopが開発者向け新ツール

Android3.1以降と解像度600dpi(1280×800ピクセル)の7~10インチディスプレイを搭載したタブレットで使える。開発者は同アプリの利用で、Windows 8向けに開発したアプリがWindows 8の「Metro UIタッチジェスチャー」でどのように動作するかをAndroidタブレット上でテストできるという。

えー、どうやってんの?とその実装方法が想像できなかったのですが、

Windows 8のプレビュー版をインストールしたPCを、リモートデスクトップによってAndroidタブレット上で操作できるようにする仕組み。Metro UIタッチジェスチャーのほか、スワイプやピンチといった各種タッチ操作もタブレット上で行えるとしている。

なるほどねえ、リモートデスクトップなんですね。

なぜAndroidタブレットなのか、というと、多分Windows 8タブレットは高いから、なんでしょうね。

開発する人もWindows 8 デスクトップPCやノートPCでビルドしたアプリを転送することなくすぐにタブレット側で動作チェックできる、というのは便利でしょうし。

安いうちに買っておいてもいいかな、って気もするんですが、Windows 8タブレットがどうなるかうまく予想できないので、とりあえず今の時点だと見送りかなあ。

ちなみにiPad版が既にあるようです。

Win8 Metro Testbed - powered by Splashtop App

カテゴリ: ユーティリティ

価格: ¥2,200

Win8 Metro Testbed(Google play 1965円)

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2012年6月 7日 17:07に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「6月7日のラッキーさん」です。

次のブログ記事は「シャープ、"Intel Inside"の新型タブレットを投入か」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。