サイト内検索:

Googleが「Chrome for iOS」公開、注目の速度はSafariより遅い

米Googleは28日、「Chrome for iOS」をiTunes App Storeにて公開した。iOS 4.3以上のiPhone/iPad/iPod touchで利用できる。

Googleが「Chrome for iOS」公開、注目の速度はSafariより遅い

ユーザーインターフェイスはChromeの便利さを引き継ぎ、iPadやiPhone向けによく工夫されている。しかし、Chromeの特徴である高速さは、iOSの制限ゆえに体感できない。

ということで、皆さんおっしゃっているのは「よくできている。でも遅い。スクロールも引っかかる」って感じでしょうか。

まあ、PCのブラウザみたいにある程度まで速くなっちゃった世界での「ちょっと遅い」はそれが提供する機能とのトレードオフになるからまだいいんだけど、モバイル版のブラウザは遅いのは致命的ですからね。機能よりもスピード優先、でしょうね。

しかしながら、iOSゆえの制限も多い。特に目につくのは、ウェブアプリケーションの遅さだ。ベンチマークで見る限り、iOSのデフォルトブラウザーであるモバイルSafariの方がはるかに高速だ。Chromeは高速さが特徴のひとつであるだけに、他のブラウザーと同じようにしか扱うことができないのは残念だ。Appleはセキュリティ上の理由から、アプリ内ブラウザーとして独自のウェブエンジンを使用することを許可していない。Gmailなどのウェブアプリケーションを利用する際には、ネイティブアプリを使用する方が快適に利用できそうだ。

まあ、この制限は仕方ないなと理解しつつも残念感はぬぐいきれず、なんとももどかしいです。

でも、Androidの優位性の1つとして高速なChromeが使えるよ、というのがあってもよいかと思いますので、これはこれでよしとしておきましょう。でないとAndroid使う楽しみがなくなりますからね。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2012年6月29日 13:34に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「6月29日のラッキーさん」です。

次のブログ記事は「Linuxサーバー向けのJPEG画像圧縮ソフト~画質を落とさず容量を最大1/5に」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。