サイト内検索:

Google、モバイルワーカー管理ツール「Google Maps Coordinate」を発表

米Googleは6月21日に(現地時間)、モバイルワーカーの仕事を地図上でコーディネートできるツール「Google Maps Coordinate」をEnterpriseアカウントユーザー向けに提供開始した。日本でも利用できる。

Google、モバイルワーカー管理ツール「Google Maps Coordinate」を発表

企業向けサービス、ということなので一般には使えないみたいなのですが、ビデオを見るとどうしてこういうサービスがサードパーティというかベンチャーから出てこなかったのか不思議だな、という印象を受けます。実に実務にそった作りとなっています。

Google Maps Coordinateは、モバイルワーカーの「管理者」および「コーディネーター」向けのWebコンソール(Webブラウザで利用)と、各モバイルワーカーがAndroid端末にインストールするモバイルアプリで構成される。コンソールにはモバイルワーカーの現在地が表示され、各メンバーのジョブステータスも確認できる。コーディネーターはこれらの情報に基づいて各メンバーにジョブを割り当てられる。

管理者的な人がワーカーに対して地図をベースとして作業を割り当て、その遂行状況をモニタリングできる、というものです。

モバイルワーカー側は、アプリで他のメンバーの状況を把握したり、コーディネーターからのジョブの指示を受信できる。コーディネーターからの指示はアプリのGoogle Mapsの地図上に正確な住所とともに表示される。ハングアウトでビデオチャットできるので、より詳細な打ち合わせが可能だ。

ハングアウトが使える、ということで現地の模様をビデオで管理者に知らせることもできるわけで、地味なんだけどなかなか映画的で面白そうです。

以下の動画では、地域に散らばるメンテナンス担当者をコーディネーターがリモートで采配することで、施設のトラブルを効率的に解決する電力会社の例を紹介している。

ということで、そのデモビデオをご覧下さい。

警察とか消防署が使うとどうなるかなあ、なんてことを考えるといろいろ楽しいです。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2012年6月22日 18:14に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「6月22日のラッキーさん」です。

次のブログ記事は「Android 4.1(Jelly Bean)搭載のGalaxy Nexusが一瞬Google playに掲載されていたらしい」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。