サイト内検索:

米Microsoft、企業向けSNSの米Yammerを12億ドルで買収

米Microsoftは25日、企業向けソーシャルネットワーキングサービスの米Yammerを買収することで両社が最終合意に達したと発表した。買収は12億ドルの現金で行われ、規制当局による承認などの手続きを経た後に完了する見込みだ。

米Microsoft、企業向けSNSの米Yammerを12億ドルで買収

12億ドルが高いのか安いのかはわかりませんけど、マイクロソフトはいいもの買ったな、って感じでしょうか。

Yammerはあまりなじみがないかもしれませんが、

Yammerは、企業で使用することを前提としたソーシャルネットワーキングサービスだ。企業のメールアドレスをもとに身元を確認し、プライベートなソーシャルネットワークを簡単に構築できる。その中で社員は、アイデアの議論、質問やそれに対する回答、情報の共有などを行うことが可能だ。無料サービスとして誰でも利用できる機能のほか、企業がソーシャルネットワークを管理できる機能などを有料で提供している。

まあ非常にざっくりと言っちゃえば企業向けTwitterみたいなもんです。

Twitterがコミュニケーションのインフラになっている状況を見れば、社内のコミュニケーション・インフラとして充分に活用できる、というかグループウェアを飛び越えてその中で仕事ができるようになることでしょう。

で、ここにOffice 365などが絡むわけです。

買収後の将来的計画についてはまだ詳細は発表されていない。しかしYammerの機能をMicrosoftの様々なソフトウェアやサービス、例えばOffice、Office 365、Skype、Dynamicsなどのビジネスアプリケーションと統合することは認めた。

具体的にどんな風に使えるか、というと、

Yammerを統括するMicrosoft Office部門プレジデントであるKurt DelBene氏は、ブログへの投稿の中で、Yammerが利用される場面として「プロフェッショナルな関係の管理と拡大」「Officeドキュメントの共有とコラボレーション」「コンテンツのアップデートに関する情報の通知」「ステータスアップデートからその場で音声や動画による会話へのシームレスな移行」を挙げている。

Googleも素直にYammerを買収すりゃよかったのに、と思うものの、GoogleはYammer的なものをGoogle+で実現しようとしているわけで、その判断は本当に正しいのかなあ、と思うわけです。つうかGoogle+はFacebook対抗というポジションで、Twitter的なものとしてYammerを買ってもよかっただろうにな、と。Google+でFacebookとTwitterの両方をカバーできる、って思っているのがまずいなあ、と思う次第です。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2012年6月26日 16:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ゴッホの名画「星月夜」をドミノで再現してみたよ。えっ、ドミノ?」です。

次のブログ記事は「Anonymousが日本政府とレコード協会に"宣戦布告" 違法ダウンロード刑事罰化に抗議」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。