サイト内検索:

消費増税法案の内容は

「消費税法の一部を改正する法律案」の主な内容です。

消費増税法案の内容は NHKニュース

法案は、政府案を民主・自民・公明の3党で修正したもので、税率は2年後の平成26年4月1日に今の5%から8%に、翌年の平成27年10月1日から10%になります。

というわけで本日可決されました「消費税法の一部を改正する法律案」の内容とその影響が簡潔にまとめられている記事のご紹介です。

それにしても反対しても可決されるんだから2年にかけて8→10%って料率あげるんじゃなくていっきに10%にすればいいのに。作りが甘いと経理システムとか販売システムとかなんだかんだのシステム修正&検証コストがバカにならないんじゃないかな。にしてもむかつく。決定プロセスにむかつく。

さて、改めまして・・・。

「引き上げ時期と使途」ですが、これは、

税率は2年後の平成26年4月1日に今の5%から8%に、翌年の平成27年10月1日から10%になります。また、消費税の使いみちを、原則として社会保障サービスなどに限る「社会保障目的税」とすることも明記されました。

まあ、これも始まったら違う用途に使われるんだろうなあ。

次に「低所得者対策」についてです。

法案では、所得に応じて給付や控除を行う「給付付き税額控除」の検討と並記する形で、例えば食料品などの税率を低く抑える「複数税率」について、「財源の問題、対象範囲、中小事業者の事務負担等を含め、さまざまな角度から総合的に検討する」としています。これは3党合意を反映したものです。
税率を8%に引き上げたあと、こうした制度が導入されるまでの間は、一定の所得以下の世帯に一律に現金を給付することも盛り込まれています。

これもなし崩し的に実施されなかったり、または数万円が支給されてお茶を濁すんだろうな。

次に「景気弾力条項」です。景気弾力条項というのは「経済情勢によっては税率引き上げを見合わせることができる」というものです。

まず「税率の引き上げに当たっては、今後10年間の平均で名目で3%程度、かつ実質で2%程度の経済成長率を目指した望ましい経済成長に近づける」として、具体的な数値を、政府案のとおり残しました。
しかし、法案とは別にまとめられた3党の合意文書では、「政策努力の目標を示すもので、引き上げの実施は時の政権が判断する」として、成長率の数値を直接の条件とはしていません。

まあ名目3%、実質2%というのは目標というか「夢」とか「希望」ですよね。過去20年ぐらいずっとトライし続けてうまくいっていないんだから。増税に伴い法人税や所得税の減税が行われるわけではないので変化が起こりようもないわけで。

で、この数値に達しなくても税率引き上げは執行されるんでしょうね。

さて、気になる「じゃあ、実際どれぐらいの負担増になるの?」というのには年収に応じてこんな感じになるようです。夫がサラリーマン、それに妻とこども2人の4人世帯の場合、です。

消費税率が8%に引き上げられた際の1年間の負担額は、

▽年収が250万円未満の世帯で現在に比べて4万6600円増加、
▽500万円以上550万円未満で7万2948円、
▽1000万円以上1250万円未満の世帯で11万5590円、

それぞれ増えるとしています。

また、消費税率10%では

▽年収が250万円未満の世帯で現在に比べて7万6255円、
▽500万円以上550万円未満の世帯で11万9369円、
▽1000万円以上1250万円未満の世帯で18万9147円

負担が増えるということです。

あああ、こりゃ消費意欲なくなるよなあ。つうか余計なもの買えない!

月1万〜1万5千円ぐらい節約しないと、って感じでしょうか。酒飲みにいったり外食控えたりガソリン使わないようにしたりとか、いろいろ複合技使わないときついなあ。

ということでお金のかからない趣味のランニングにさらにいっそう精進したいと思います。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2012年6月26日 18:24に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ビームスからワンピースのフィギュア「one piece@be.smile」第2弾が発売」です。

次のブログ記事は「Adobe、HTML/CSS/JavaScriptでできた次世代コードエディター「Brackets」を発表」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。