サイト内検索:

タッチスクリーンからボタンが出てくる未来的技術「Tactile Layer」

タッチスクリーン端末に、欲しいときに物理的なボタンを出せる先進的な技術を、アメリカのTactus Technologyという企業が、ディスプレイ技術イベントSIDで披露した。

タッチスクリーンからボタンが出てくる未来的技術「Tactile Layer」

同社の技術は、ミクロ流体を使った変形可能な、透明で薄いTactile Layerパネルをタッチスクリーン上に重ねるというもの。ユーザーがキーボードを必要とするときに、このパネルが盛り上がってボタンが現れる。実際にボタンを押して入力できる。ボタンが必要なくなると、平らなスクリーンに戻る。

これはテキストだけだとうまく想像できないので、以下のVimeoのビデオを観てみてください(私が観た時はすごく重くて再生ボタン押してからしばらく放っておきました)。ペコッっとボタンが盛り上がるのが面白いですね。

Tactus Technology Introduction from Tactus Technology Inc. on Vimeo.

同社はAndroidタブレットでこの技術をデモしたが、スマートフォンやタブレットのほか、電子書籍リーダーやゲーム機、カーナビなどにも利用できるとしている。この技術を採用したデバイスは2013年に登場する見込み。

iPhoneといったすでに普及したデバイスで利用できるサードパーティとしてリリースするなら期待持てるんですが、デバイス屋さんと組んで最初から組み込まないといけないとしたら結構厳しいかもね。といっても組み込むしかないんでしょうけど。でもAndroidにしても日本語入力システム変えてキーボードのレイアウトが変わるとキーと盛り上がるボタン部分がずれてくるような気がするんだけど、どうなんでしょうかね。

面白い技術なんだけどな。残念だ。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2012年6月 7日 18:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「シャープ、"Intel Inside"の新型タブレットを投入か」です。

次のブログ記事は「シャープからTwitter連動機能付きのテレビリモコン用Androidアプリ「おしえてリモコン」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。