サイト内検索:

楽天、185gの電子書籍端末「kobo」を7980円で7月19日発売

楽天は7月2日、電子書籍事業に関する記者発表会を開催。昨年11月に236億円で買収を発表したカナダの電子書籍事業者Koboのサービスを日本国内でも展開すると発表した。電子ブックリーダー「Kobo Touch」は日本語対応し、7980円で7月19日に発売。7月2日17時よりKoboの特設サイトで「Kobo Touch」の予約受付を開始する。

楽天、185gの電子書籍端末「kobo」を7980円で7月19日発売

発表会で楽天の三木谷氏は、「日本では、読書習慣が少しずつ薄れつつある。とくに若い人は携帯やゲームなどに使って、読書の時間が減っている。わたしも、事業を行うにあたってもいろいろな本を参考にしたり、さまざまな本の出会いがあって、自分の人格が形成されてきたと思う。読書離れは国家的な危機ではないか」と読書離れへの危惧を表明。

この発表会の模様をUstで見ていたのですが、あまり面白い発表会ではなく、淡々と事実を発表されておりました。

そのプレゼンの中でもおっしゃっていたのですが、「読書離れ=国家の危機」というところがどうにも大げさというか言い過ぎなのではないかと思ったのですが、まあ電子書籍のプラットフォームの発表会なのでそういうポジショントークなんでしょうね。

で、これまでもいろいろな電子書籍のサービスやプラットフォームがあったのですが、どれもうまくいっていない理由をどう分析しているのかと思ったら、結論としてはこういうことになったようです。

三木谷氏は、これまでの電子書籍市場について、「今までも、いろいろなメーカーが電子書籍にチャレンジしてきたが、残念ながらあまりうまくいっていない。楽天市場もこれまで電子書籍ビジネスに取り組んできて、最後にいきついたのは、オープンな、グローバルなプラットフォームが必要であるという結論だ。そのためのグローバルデバイスがKobo。Koboを通じて、読書革命を起こしたい」と述べた。

要するに「マーケットが狭い」ということで日本国内だけを相手に商売してちゃだめだろ、ってことみたいです。

まあ、確かにそれは解の1つなのかもしれないけど、なんか根本的な問題が解決されていないですよね。販売可能地域が世界中に広がるってことで出版社にはいいかもしれないけど、ユーザ的には何もこれまでと変わらない。

本当に日本人の読書スタイルを変えたい/もっと本を読みたくなるようにしたい、ってところで「どうやって?」ということに対する答が見えませんでした。まあ、そういうをやろうとすると出版社とか既存の書店から文句つけられてうまくいかなくなるからなんでしょうけど。

とりあえず私はSony Reader持っていますけど、E-INKのあの画面(解像度や輝度、スピード)がもうちょっとどうにかならない限り電子書籍に方には移行できないかな、って感じです。

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2012年7月 2日 17:17に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ウェブ上に会員制映画館「theatre tokyo」-キュレーターに坂本龍一さんら」です。

次のブログ記事は「SCE、クラウドゲーム配信のGaikaiを買収 新サービス開始へ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。