サイト内検索:

ソフトバンク"悲願のプラチナバンド" 25日開始、当初は利用区域・機種限定

ソフトバンクモバイルは25日、900メガヘルツ帯周波数を利用した携帯電話向けサービスを開始する。障害物があっても電波が届きやすい特性から"プラチナバンド"と呼ばれる周波数帯で、「つながりにくい」と利用者の不満が募っていたソフトバンクにとっては悲願だ。

ソフトバンク"悲願のプラチナバンド" 25日開始、当初は利用区域・機種限定

ただし、記事タイトルにもあるように、

ソフトバンクの計画によると、今年度末の900メガヘルツ対応基地局は1万5600局と人口カバー率はわずか22.2%。90%を超えるのは14年度まで待たなければならない。孫正義社長が「最初の1週間で数百局」と話すとおり、900メガヘルツ周波数利用の当初のサービス区域はごく狭い。
同社の2.1ギガヘルツ周波数中心の基地局数は18万強で、900メガヘルツ対応はわずか3%程度。サービス開始時点で利用可能なスマートフォン(高機能携帯電話)は「iPhone(アイフォーン)4」「同4S」など10機種。

ということで非常に限定された地域でのみプラチナバンドが利用できるみたいです。

で、自分が今プラチナバンドを使っているのかどうなのかは以下の方法で確認できるようです。

この夏はiPhoneを携えてソフトバンクのプラチナバンドの電波を探しに行こう!

その方法とは、まずiPhoneで「電話」を立ち上げ、「*3001#12345#*」と入力し「発信」をタップします。すると、「Field Test」というアプリが起動しますから、「UMTS Cell Environment」→「UMTS RR Info」とタップします。
表示された画面の中の「Downlink Frequency」(上り周波数)や「Uplink Frequency」(下り周波数)の項目で、掴んでいる電波の周波数がわかります。
つまり、「Downlink Frequency」の値が2937~3088(「Uplink Frequency」の値が2712~2863)なら、プラチナバンドを掴んでいることになります。

試し私のiPhone 4でやってみたら10812という数字でした。見事に2GHz帯ですね。

プラチナバンドつかんだらノーティフィケ−トしてくれるアプリなんかが登場するのかな?

blog comments powered by Disqus

2011年アルファブロガー受賞

新着DVD

モバイル

Powered by Movable Type 6.1.2

ブログ内検索

BlogPeople ReviewMe!

このサイトのレビューとか応援コメントを書いてもらえると励みになります。

Affi☆List for Amazon

バナー広告

このブログ記事について

このページは、nagasawaが2012年7月24日 16:47に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「カラオケ「JOYSOUND中野」がヱヴァのネルフ仕様に!」です。

次のブログ記事は「因幡電機、テンキー搭載のiPhone用モバイルバッテリー「iTwins」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。